1/5ページ
<<
<
1/5ページ
>
>>

妖怪や怪異の出てくる話では、人間の畏れによってその怪異などが強くなる(逆に忘れられれば力も弱くなる)というのがよく出てくるが、SNSで拡散されることで、フクノカミがパワーアップするのでは?

今んとこ明確な敵っていないんだが、あの刑事がそのポジ担うのかね?刻刻のときも超自然的な力を手に入れようとした奴が敵役として現れたが、そいつと行動が似ている気がする。

フクノカミが思った以上にシステム的な動きをしているので、押さえるところ抑えればうまく操れると思うんだが、逃げるんだよなあいつ

全然別の漫画なんだけど、信仰する人がいないと神様は神様でいられなくて消えちゃうってのがあって。
フクノカミも最初に主人公が祈ったから復活したってことを思い出した。
増殖したり色々強く?なったのは寧強会が発足してからな気がするし、信仰っていうのがフクノカミ攻略の鍵になりそうな気がしている。
ちなみに3巻は今から読む(ここで新刊出たの知った)

全然別の漫画なんだけど、信仰する人がいないと神様は神様でいられなくて消えちゃうってのがあって。 フクノカミも最初に主人公が祈ったから復活したってことを思い出した。 増殖したり色々強く?なったのは寧強会が発足してからな気がするし、信仰っていうのがフクノカミ攻略の鍵になりそうな気がしている。 ちなみに3巻は今から読む(ここで新刊出たの知った)

全然別の漫画なんだけど、信仰する人がいないと神様は神様でいられなくて消えちゃうってのがあって。 フクノカミも最初に主人公が祈ったから復活したってことを思い出した。 増殖したり色々強く?なったのは寧強会が発足してからな気がするし、信仰っていうのがフクノカミ攻略の鍵になりそうな気がしている。 ちなみに3巻は今から読む(ここで新刊出たの知った)

@ひろりんぬ

4巻でそれっぽい描写が出てきましたね。電波の圏内圏外と神社の結界みたいな。フクノカミしぼんでたし。

みんなが少しだけ幸せになるエンドがいいな。
岩奈さんが別業種で軌道に乗るとか、ハルオちゃん(独身だよね?)に嫁が来るとか。
文・黒蓮、画・酒巻、編集・青木のフクノカミ絵本も見てみたい。傷つきやすい少女を癒してフクノカミは去って行くのだ。
酒巻は警察にいられなくなったら、茶虎先生のブレーンになっちゃえば?

6巻出たね。心理戦を記号的な絵とかセリフでなくしっかり情景で描いてるのが凄い。細かいとこ忘れてるから1巻から読み直そ。。

フクノカミの能力って周囲からお金を集めるから商売が繁盛するみたいな間接的お金の増え方をしているのが多い(おばちゃんとかカフェとか)けど、琉花だけダイレクトに金が持ってこられている感じがある。 これは召喚主?の琉花だけは特別だったりするのかな
camera

フクノカミの能力って周囲からお金を集めるから商売が繁盛するみたいな間接的お金の増え方をしているのが多い(おばちゃんとかカフェとか)けど、琉花だけダイレクトに金が持ってこられている感じがある。 これは召喚主?の琉花だけは特別だったりするのかな

フクノカミの能...
@名無し

こういうのはこれ以降ないし、入院中の夢でも出てきたけどフクノカミが「いるぞ」っていう単なる演出かもね。

7巻は6/23発売とのこと。大体半年に1冊だったから、ちょっと間が開いたね。

発展の裏に忍び寄る闇 待望のショッピングモールは開店し、観覧車建設の計画は進む。 しかし、めまぐるしいほどの発展についていけない人々、 怪しい地面師が現れ始める。 3体に分裂したフクノカミは、さらに激しく対立をするが、 これも彼らの思惑どおりだというのか。 そんな最中、また琉花は不気味な悪夢を...

シャーク鮫川の着てる服はオフホワイトっぽい。こういう何の仕事してる人かわからない人が着てそうな印象がある。

1/5ページ
<<
<
1/5ページ
>
>>
ゴールデンゴールドの伏線ぽいものあげてくにコメントする
『ゴールデンゴールド』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミ一覧をみる

次のクチコミ

前のクチコミ

このクチコミも読まれています

母を亡くして引き取り手の無い中学生男子・ゆうくんは、母のはとこの女性・建子(やすこ)に引き取られる。ゆうくんが共に暮らすことになる建子と、同居人のおりょうとさゆりの三人にはある共通点があった。それは、三人ともゆうくんの母親の、元カノという事。 女性と付き合っていたのに、男性と結婚して子供まで産んだゆうくんの母親。様々なわだかまりがあるはずなのに、何故か楽しそうな三人の共同生活。そこにゆうくんが加わる事で、思い出は溢れ出すし三人は張り合い出すし……と動き出す一方で、ゆうくんの保護者として緩やかに協力する。 何となく気の合う「元カノ同士」という連帯は穏やかで良い。三人ともゆうくんの母親に多少未練があるのと、既に家族として安定した関係を築いているためか、この三人間での恋愛が示唆されないのも、子育て物として安心して読める(まぁ先は分からないが)。 三人がゆうくんの母親の思い出を語る時、そこには優しい愛がたくさんある。ゆうくんは三人それぞれの百合を増幅し強化する存在だし、クラスの女子関係も繋げる存在。 沖縄に多く見られるらしい現代の中学校での「姉妹制度」も描かれる本作、百合マンガらしく見えないかもしれないが実際は、とても百合に溢れた作品なのだ。 ※一時機Twitterで話題になっていた沖縄の姉妹制度についてのマンガを描かれたのも、本作の作者・宮城みち先生だったりします。 https://realsound.jp/book/2021/12/post-927924.html
母の元カノと暮らした。
01/27(木)まで
読める!
また読みたい
フォロー