司馬いぬとねこ明

司馬いぬとねこ明

三国志でおなじみ天才軍師の司馬懿仲達と諸葛亮孔明が柴犬と猫になっちゃった!? 2000年近く続く熾烈なライバル関係がまったりゆる~く繰り広げられる史上初の軍師系イヌネコギャグ! 「待て!それは猫の罠だ!」
波に花影 月に刃

波に花影 月に刃

舞台は江戸中期の長崎。幕府の目を盗み、役人と商人が暴利を貪る貿易港――。江戸情緒の中に舶来の香り漂うその土地に、江戸の吉原から美しい太夫・蔦花がやって来た。利発で艶やかな彼女だが、裏の顔はなんと、長崎の海に現れた海賊の頭だった…!?
綺譚倶楽部

綺譚倶楽部

デカダンの香り漂う大正末期、帝都では人間の欲望が魔を呼び、怪しげな事件が後を絶たない……。新聞「綺譚倶楽部」の記者・金大中小介と、カメラマン・久我雅夢が、事件の真相と人の心の闇に迫る!JETの大人気シリーズ完全版第一集。
1/4×1/2

1/4×1/2

代々霊媒師の家系に生まれたクォートは霊能力がちょっと足りないため、動物専門霊媒師になっている。霊の見えない彼をサポートするのは、前世が犬だった黒猫のハーフ。ふたりでやっと一人前のこのコンビ、今日はどんな不思議な事件が待っている?心温まるアニマル・オカルティックコメディ決定版!
未知庵の三時のお水

未知庵の三時のお水

「Nemuki+」で注目連載中の隠れた鬼才、その待ちに待たれた初コミックスがついに登場!不条理ギャグショートの中で繰り広げられる展開の理不尽さと、シチュエーションとキャラクターに、全マンガ読みが唖然とすること必至!
ことなかれ

ことなかれ

首都圏近郊の、とある都市で次々と起こる怪事件。“超能力老婆”“幽霊坂”“人喰いオオカワウソ”“女子高生行方不明事件”など、未確認の事象が引き起こすそれらの事件を追う、市役所の「ことなかれ課」に所属する異能のメンバーたちが知る真実とは!?

人気クチコミ

影絵が趣味
影絵が趣味
2019/11/30
二次元でも三次元でもなく、ど次元!!
漫画というのは二次元+一次元(コマの挿入による時間の推移)で出来ています。しかし、私たちの日常生活は四次元として展開されていますから、漫画もそれに即していかなければ、リアリティのある物語を描くことができません。そこで漫画の本来の領分であるところの二次元に補助として光学を採用する、すなわちデッサンです。これにより漫画は、平面上にかりそめながら立体を再現することが出来たということになります。 はい、何を当たり前のことを言っているんだろう、という感じですが、諸星大二郎に限っては、この当たり前が当たり前ではなくなってしまう。何しろ、タクシーのなかでさえデッサンが寸分も狂わなかったと言われる手塚治虫、大友克洋が出てきたとき「あんな絵は僕にも描けるんです」と豪語した手塚治虫が「諸星くんの絵だけは真似できない」と言っているのですから。 つまり、諸星大二郎は他の漫画家のように二次元+光学の補助という絵の描き方をしていないんですね。『栞と紙魚子シリーズ』はそれがもっとも顕著なんですけども、彼女たちの暮らす胃の頭町(いのあたまちょう)はなんかよくわからないけど異界に通じているらしい。その異界の異界ぶりをもっともよく表しているのがクトル―ちゃんのお母さんですよね。あの顔の目茶苦茶でかいお母さん、あれはどう考えてもデッサンでは描けない。あの顔で、いったいどうやって段先生のボロ屋に収まっているのやら。もしあれをデッサンで描こうものなら、それこそ二次元でも三次元でもない空間の捻じ曲がった異界が爆誕してしまう。というか、この爆誕してしまった異界こそが諸星大二郎の絵なんです。 とくに栞と紙魚子が姿のみえない首輪だけのペットを散歩させる回は秀逸でした。ペットに引っ張られて段々と異界に迷い込んでゆくわけですけど、その行く先のエステサロンにクトル―ちゃんのお母さんがいる。お母さんは「あら~、こんなところでお目にかかるなんて珍しいですわね」とか何とか言って、エステのマシーンから引き伸ばされたうどんみたいな姿で出てくるんです。もう、何がなんだかわからないでしょう。でも、これを大真面目に描いてしまうのが諸星大二郎なんです。
もっとみる