投稿
コメント
わかる
どこか遠くの話をしよう
哀しいけれど希望を見出すことができた下巻相変わらず表紙が素敵。二人が手を繋いで並んでいる姿を読後に改めて読むとグッとくる。 プラティーノは西暦2320年の未来からやってきた旅人だった。大きな争いによって地球土壌が汚染され、その結果、放棄政策が取られたようだ。貴重な人的資源である若者たちが宇宙へと半ば強引に移民させられる。大人たちは地上へ取り残された。 娘が定期的に戻ってくると信じていたプラティーノの妻サラが娘を取り戻そうと自暴自棄になり、立入禁止区域に侵入した結果、銃撃を受けて死んでしまう。絶望したプラティーノは流刑者が行っているという特殊な任務に一般人として初めて志願する。目的は過去に飛び、土壌汚染を防ぐ準備をすること。 過去に飛んで土壌汚染を防ぐ植物の種を各時代、各地に撒く。その際、記憶は消去され任務遂行にのみ邁進するよう思考をプログラミングされる。可能な限り他人と交わらず、様々な時代を歩くことになるようだ。 そして孤独な旅を続けていたプラティーノは、西暦1851年のペルー付近に降り立つ。何度目かの旅路で村の住人達に出会い、記憶が紐解かれていくわけだ。 プラティーノはチロと出会って救われ、希望が持てた。チロもプラティーノと出会ったことで、父親を失った悲しみからやっと立ち直った。 過去にも未来にも悲痛な出来事があった。けれどバッドエンドではなく良い終わり方だったと思う。 意外とSFだったなぁという印象。細かいところは省かれているが、物語の構造上これくらいがバランスが良いのだろう。チロの物と会話できる能力というのは、もうそういうものだと割り切るしかないw
哀しいけれど希望を見出すことができた下巻相変わらず表紙が素敵。二人が手を繋いで並んでいる姿を読後に改めて読むとグッとくる。 プラティーノは西暦2320年の未来からやってきた旅人だった。大きな争いによって地球土壌が汚染され、その結果、放棄政策が取られたようだ。貴重な人的資源である若者たちが宇宙へと半ば強引に移民させられる。大人たちは地上へ取り残された。 娘が定期的に戻ってくると信じていたプラティーノの妻サラが娘を取り戻そうと自暴自棄になり、立入禁止区域に侵入した結果、銃撃を受けて死んでしまう。絶望したプラティーノは流刑者が行っているという特殊な任務に一般人として初めて志願する。目的は過去に飛び、土壌汚染を防ぐ準備をすること。 過去に飛んで土壌汚染を防ぐ植物の種を各時代、各地に撒く。その際、記憶は消去され任務遂行にのみ邁進するよう思考をプログラミングされる。可能な限り他人と交わらず、様々な時代を歩くことになるようだ。 そして孤独な旅を続けていたプラティーノは、西暦1851年のペルー付近に降り立つ。何度目かの旅路で村の住人達に出会い、記憶が紐解かれていくわけだ。 プラティーノはチロと出会って救われ、希望が持てた。チロもプラティーノと出会ったことで、父親を失った悲しみからやっと立ち直った。 過去にも未来にも悲痛な出来事があった。けれどバッドエンドではなく良い終わり方だったと思う。 意外とSFだったなぁという印象。細かいところは省かれているが、物語の構造上これくらいがバランスが良いのだろう。チロの物と会話できる能力というのは、もうそういうものだと割り切るしかないw
アフター0
1つ1つに様々な要素が濃密に詰まった逸品SF短編集SFといってもジャンルに多少の幅があり、王道なSFの他に、ファンタジーっぽいもの、超常現象や超能力など色々ある。岡崎二郎作品は宇宙家族ノベヤマを読んだことがあるけれど、あの作品のようにとても気持ちがほっこりとするような話が多い。このアフター0もバッドエンド的なお話はほとんどないと思う。 これでもかというくらい示唆に富んだストーリー、感情表現、舞台設定など多種多様な要素がみっちみちに詰め込まれている。「そうきたか!」と唸らざるをえないひねりや、なるほどと思わせる登場人物の考え方(たぶん作者の考え方なんだろう)など、読むと自分の世界が広がるような漫画だ。こういう感覚を抱いたのはグレッグ・イーガンの「ディアスポラ」を初めて読んだとき以来かもしれない。比較的ゆるい感じの絵なので、いわゆるハードなSF好きな方々はそこで敬遠してしまうかもしれないが、騙されたと思って一度読んでみてほしい。 「これも学習マンガだ!」にも選出されているようで、なるほど確かにお子さんが読んでもほぼ安心だし、かつ、多くの驚き・発見が得られる良書だと思う。しかもわかりやすい話が多い。自分も、もっと子供の頃に読んでみたかった。 http://gakushumanga.jp/manga/%E3%82%A2%E3%83%95%E3%82%BF%E3%83%BC-0/
1つ1つに様々な要素が濃密に詰まった逸品SF短編集SFといってもジャンルに多少の幅があり、王道なSFの他に、ファンタジーっぽいもの、超常現象や超能力など色々ある。岡崎二郎作品は宇宙家族ノベヤマを読んだことがあるけれど、あの作品のようにとても気持ちがほっこりとするような話が多い。このアフター0もバッドエンド的なお話はほとんどないと思う。 これでもかというくらい示唆に富んだストーリー、感情表現、舞台設定など多種多様な要素がみっちみちに詰め込まれている。「そうきたか!」と唸らざるをえないひねりや、なるほどと思わせる登場人物の考え方(たぶん作者の考え方なんだろう)など、読むと自分の世界が広がるような漫画だ。こういう感覚を抱いたのはグレッグ・イーガンの「ディアスポラ」を初めて読んだとき以来かもしれない。比較的ゆるい感じの絵なので、いわゆるハードなSF好きな方々はそこで敬遠してしまうかもしれないが、騙されたと思って一度読んでみてほしい。 「これも学習マンガだ!」にも選出されているようで、なるほど確かにお子さんが読んでもほぼ安心だし、かつ、多くの驚き・発見が得られる良書だと思う。しかもわかりやすい話が多い。自分も、もっと子供の頃に読んでみたかった。 http://gakushumanga.jp/manga/%E3%82%A2%E3%83%95%E3%82%BF%E3%83%BC-0/
女の子が死ぬ話
比較的よくあるような青春ラブストーリーと思いきや「響〜小説家になる方法〜」作者による作品。 ド直球すぎるタイトル。そしてぱっと見、ある意味王道ともいえる内容だけど、全体の構成がよくできていてなかなか読み応えがある。 新しい高校生活に大きな期待を抱く元気な少女・千穂がイケメン男子・和哉とその幼馴染の余命幾ばくもない少女・遥と出会って仲良くなってあれこれあるラブストーリー。と、これだけ書くといたって普通。 普通の青春ラブストーリーならもっと3人の交流が描かれそうなものだけれど、ちょっと普通ではなく、タイトルにもあるようにあまりにも唐突に遥は亡くなってしまう。 その後、場面は十数年後に急転換。いくつか謎を残しつつも暖かさの漂う余韻で終わる。 普通であればここでおしまいだと思うが次の章で亡くなる1か月前の遥の病室に再度場面が急転換。このとき何があったのか?という前章で現れた謎が解かれつつ、遥の強い決意が描かれる。 3人のそれぞれの想いと読者の思いが絡まって、きっと人それぞれ思うところが湧いてくるんだろうなーと思える作品だった。 結構ドスンとくる内容。でも1巻完結でとても綺麗にまとまっているし読んでみてほしい。
比較的よくあるような青春ラブストーリーと思いきや「響〜小説家になる方法〜」作者による作品。 ド直球すぎるタイトル。そしてぱっと見、ある意味王道ともいえる内容だけど、全体の構成がよくできていてなかなか読み応えがある。 新しい高校生活に大きな期待を抱く元気な少女・千穂がイケメン男子・和哉とその幼馴染の余命幾ばくもない少女・遥と出会って仲良くなってあれこれあるラブストーリー。と、これだけ書くといたって普通。 普通の青春ラブストーリーならもっと3人の交流が描かれそうなものだけれど、ちょっと普通ではなく、タイトルにもあるようにあまりにも唐突に遥は亡くなってしまう。 その後、場面は十数年後に急転換。いくつか謎を残しつつも暖かさの漂う余韻で終わる。 普通であればここでおしまいだと思うが次の章で亡くなる1か月前の遥の病室に再度場面が急転換。このとき何があったのか?という前章で現れた謎が解かれつつ、遥の強い決意が描かれる。 3人のそれぞれの想いと読者の思いが絡まって、きっと人それぞれ思うところが湧いてくるんだろうなーと思える作品だった。 結構ドスンとくる内容。でも1巻完結でとても綺麗にまとまっているし読んでみてほしい。
哀しい人々
とてつもなく哀しいがどこか美しさもある短編集たまに心温まるようなお話や救いのあるお話も混じっているが、殆どが不幸。とてつもなく不幸。でもどこか美しさや輝きめいたものも感じる。絵が綺麗なせいもあるだろうけど、それだけじゃない気もする。 1話の後2話を読んだら、ほとんと同じ顔の登場人物が出てきて「あぁ続きの話かな?」と思ったら、どうも違う。どうやらキャラクターを役者のように見立てて、各話を描いているようだ(タブン)。それに気づくと何かすごくよくできたドラマを見ているような気分になった。 主役格の男は、現代では考えられないほどごつい体格に濃い顔をしたいて、どこか昭和スターを彷彿とさせる。妹のいる兄であったり、結婚詐欺師、トラックドライバー、サラリーマン、結婚詐欺師などなど、さまざまな設定を演じている(脇役で登場することもあったと思う)。 同僚に勧められたときに「話が重すぎて1日1話読むのがやっとだ」と聞いてちょっと身構えていたけれど、「これはドラマなんだ」と気づいてことでほんの少し気楽に読めた。 例えば「ラメのスウちゃん」。源という男が不細工で誰からも全く相手にされないホステスのスウちゃんに一目惚れする。同棲を始め幸せそうな生活を過ごすことになるが、源が事故で失明してしまう。目を失ってどんどん自暴自棄になる源に対してスウちゃんは献身的に尽くしていくが、ある時、源が階段から落ちて死んでしまう……。 作中、スウちゃんが繰り返し繰り返し歌っている軍歌が頭にこびりつく。時代や世相を反映したもので、公開当時の人々にはもっと実感としてグサリと突き刺さるものだったのかもしれない。 短い作品だけど、とても人間臭く、濃密な人生の一端が描かれている。 こんな作品が詰まり詰まっている。
とてつもなく哀しいがどこか美しさもある短編集たまに心温まるようなお話や救いのあるお話も混じっているが、殆どが不幸。とてつもなく不幸。でもどこか美しさや輝きめいたものも感じる。絵が綺麗なせいもあるだろうけど、それだけじゃない気もする。 1話の後2話を読んだら、ほとんと同じ顔の登場人物が出てきて「あぁ続きの話かな?」と思ったら、どうも違う。どうやらキャラクターを役者のように見立てて、各話を描いているようだ(タブン)。それに気づくと何かすごくよくできたドラマを見ているような気分になった。 主役格の男は、現代では考えられないほどごつい体格に濃い顔をしたいて、どこか昭和スターを彷彿とさせる。妹のいる兄であったり、結婚詐欺師、トラックドライバー、サラリーマン、結婚詐欺師などなど、さまざまな設定を演じている(脇役で登場することもあったと思う)。 同僚に勧められたときに「話が重すぎて1日1話読むのがやっとだ」と聞いてちょっと身構えていたけれど、「これはドラマなんだ」と気づいてことでほんの少し気楽に読めた。 例えば「ラメのスウちゃん」。源という男が不細工で誰からも全く相手にされないホステスのスウちゃんに一目惚れする。同棲を始め幸せそうな生活を過ごすことになるが、源が事故で失明してしまう。目を失ってどんどん自暴自棄になる源に対してスウちゃんは献身的に尽くしていくが、ある時、源が階段から落ちて死んでしまう……。 作中、スウちゃんが繰り返し繰り返し歌っている軍歌が頭にこびりつく。時代や世相を反映したもので、公開当時の人々にはもっと実感としてグサリと突き刺さるものだったのかもしれない。 短い作品だけど、とても人間臭く、濃密な人生の一端が描かれている。 こんな作品が詰まり詰まっている。