2013年12月4日発売
めだかボックス(22)
めだかが学園を去ることになり、その花道に「百輪走」なる壮行会が催される。友やかつての敵と別れた後、彼女は…。そして──!青春のすべてを詰め込んだ、めだか達の箱庭学園での日々が感動のフィナーレ!!
B’TX ビート・エックス(8)
【ページ数が多いビッグボリューム版!】ついにメインタワーまで駆けつけた鉄兵は、いまや完全体寸前の究極B’T(ビート)ラファエロと対峙!一方、華蓮は神居島の真下の空洞に長年探していたB’Tラファエロの弱点“太陽のかけら”を見つけるが、メタルフェイスもそこまで追って来た。果たして華蓮は“光の核”を手に入れる事が出来るのか…。そして鋼太郎は機械皇帝とのアクセスを試み、野望をくい止めようとするが…。
貧乏神が!(16)
【ページ数が多いビッグボリューム版!】歪んだ野望を叶えようとする碇を止めるべく、立ち向かう市子と紅葉!嵐丸、撫子、石蕗、貧乏神たちが二人を信じ奮戦する中、ついに碇は集めたエナジーを自分の中に取り込み!?最後の最後まで一丁ド派手に大団円!!
士官候補生ハイト
植民地第5惑星が発見されて7年、そこに設置された無人モニターシステムが異常を告げた。緊張感が高まる第5惑星に降下・偵察の任務を帯びてマリーン=海兵隊が出撃する。その中には初の実戦を経験とする少尉候補生・ハイトの姿もあった。
ワンマン・アーミー ゲイツ
198X年に勃発した核戦争により地球は冬の時代を迎え、30年経過しても放射線汚染は解消されなかった。生き残った人類は、廃墟と化した世界の中でさえ終わりのない戦闘を繰り広げていた。そんな中、伝説の機動歩兵・アーノルド=ゲイツは記憶を失いながらも戦線に復帰。混沌とする記憶の中、敵が繰り出す機動兵器の猛攻を潜り抜け、敵拠点最深部に位置するジグリ要塞を破壊するため、最後の決戦に臨む。彼が見た本当の敵とは?小林源文が描くリアルな戦闘描写と等身大の人間ドラマ。新たに描き下ろし新作パート16ページを追加した「ワンマン・アーミーゲイツ」完全版、待望の刊行!!後に「オメガ7」「CatShitOne」らを傑作群を執筆することになる、戦記劇画の第一人者・小林源文が1987年に描き上げた驚愕の近未来SF戦記が蘇る!!
タイム・トルーパー
2100年。第二次大戦のドイツが密かに核兵器の開発に成功していたと過去から警告を受けた軍上層部は、ドイツが核兵器を持たなかった世界を維持するため、極秘裏に軌道降下兵による核兵器開発阻止を決断する。作戦は決行され、時代を超えた軌道降下兵達は、ナチスドイツが優勢を極めるヨーロッパに目的を知らされぬまま降り立つ。彼らは歴史上存在しなかったドイツによる原爆開発計画を阻止出来るのか?第二次大戦のヨーロッパを舞台に、ドイツ軍と未来からやってきたコマンド(軌道降下兵)による迫力ある戦闘が展開。小林源文が得意とするブラックユーモアと人間味あふれるキャクター達が活躍する架空戦記。
レイド・オン・トーキョー
新連立政権が掲げた日米安保破棄にはじまった、極東ソ連軍の日本上陸作戦。混沌とした政治状況の中、予備的な出撃を余儀なくされた自衛隊は圧倒的なソ連軍の前に次々に倒れてゆく。日ソ融和条約という名を借りた日本占領計画。ついに新潟に上陸したソ連軍機甲師団は一路、首都東京を目指す。日本の独立と民主政治を守るため、ついに自衛隊は超法規的行動を開始する。国からの支援もなく孤立する自衛隊。はたして彼らは日本を守り抜くことが出来るのか?航空自衛隊F-2とソ連主力戦闘機Su-33のダイナミックな空中戦、T-80を伴う強大な打撃力に立ち向かう陸上自衛隊兵士達の死闘、海上では海自潜水艦隊とソ連艦隊が激しく交差する。東西冷戦を背景に描き起こされた小林源文が描く戦場劇画の傑作が、新たに12ページの新作を追加しついに復刊。
2013年12月4日