やくはら。

やくはら。

世界一ツイてない男・屋久島(やくしま)の前に現れたのは、ヘビでとっても幼女な神使・巳幸。弱った時に誰にでもとり憑く「厄」を祓うため、自分にとり憑いた超でっかいのも祓ってもらうため、屋久島は巳幸を育てることに! でも、お祓いの仕方も知らないなんて、一体どうしたら!?
創傷イモータルフラワー

創傷イモータルフラワー

高校生のアキラが目撃した美しい少女の死。しかし、それは終わりではなく始まりだった。確かに死んだはずの少女・七海カナタは、転校生となってアキラの前に現れ、そして言った。「私を刺しなさい」。与えられた痛みが咒具となり、現界した悪魔を倒す! 死を超えた痛みが、武器へと変わるペインバトルファンタジー!!
キモオタ、アイドルやるってよ

キモオタ、アイドルやるってよ

「朝、目が覚めたらそこには美少女が…って俺!?」 アイドルオタクでクラスカースト最下位の主人公、逢坂陽介♂はある朝、めざめると超絶美少女の逢坂陽子♀になっていた!? キモオタ陽介のアイドル知識と美少女陽子の容姿を組み合わせ、目指せ理想のアイドル!! 第3回『次に来るマンガ大賞』webマンガ部門ノミネートタイトルの1巻、堂々発売!
オレのツガイとなれ!

オレのツガイとなれ!

漆黒の猫騎士でメインクーンの黒べえが、美少女飼い主のナツの魔法で、人間になれちゃった。だけど、使える能力は発情のみ!? それでもいい! オレの夢はナツとツガイになることだ。フェレットのハナもナイスボディで悪くはないけど、、、ああっ、男の本能が大爆発するぅっ!!!
隔離都市

隔離都市

なぜ勉強をしなくちゃいけないの? どうして私のことを決め付けるの? 成績にうるさい母親からのプレッシャーに頭を抱える14歳の蒼依は、ある夜その感情を爆発させてしまう。母親との激しい口論の末、気が付くと蒼依は別世界に。そこは大人から見放された子供たちだけが隔離された空間、セパレート・ワールドだった…!
骨が腐るまで

骨が腐るまで

11歳の夏、人を殺して、洞窟の奥に死体を埋めた。それから毎年、5人の幼なじみは、夏休みの夜に儀式をする。罪を忘れず、友情を裏切らぬための儀式を。そして5年。16歳の夏。白骨化した死体。暴かれる嘘。姿のない脅迫者。鳴り響く電話と、命の千切れる音。骨は腐らず、罪は朽ちず。――いま、地獄がはじまる。
インゴシマ

インゴシマ

修学旅行先へ向かう高校生の一行を乗せた客船が、嵐に遭遇して難破してしまう。流れ着いた海図にない島―― そこに住まうのは、不気味な日本語を話し、野蛮な生活文化を営む「シマビト」だった。人が住む島だったと安心する生徒たち。だが直後、シマビトによる生徒たちの【捕獲】が始まる! 飲み水さえも満足に手に入らない極限状況の中で、シマビトたちの圧倒的な暴力にさらされるうちに、少年少女たちはその本能を少しずつ剥き出しにされていく。すべての道徳が吹き飛んだあとでも、人は人としていられるのか――獣に堕ちてしまうのか。命と生の意味を突きつける、トライバル・サバイバル・ストーリー!
皆様の玩具です

皆様の玩具です

高校生・月宮ツカサはある日突然美女5人に拉致された。一軒家らしき建物での監禁。彼女たちはこれから毎日拷問をすると宣言。事情がまったくわからないまま、彼女たちの攻撃がツカサに迫る。それはまさしく拷問だった‥‥! 一体なぜ? すべてが謎のまま、拷問は着実に遂行されていく!

人気クチコミ

たか
たか
2019/11/25
宇宙人の〇はメロン味:melon:ドS少年×宇宙人少女のドタバタ劇!
先週のヤンジャンに掲載されていた、中村力斗先生の読切『天子ちゃんの天界道具』を読んで思い出した作品。『少女Aの悲劇』というタイトルの意味ですが、表紙の頭を鷲掴みにされてる少女が結真ちゃん(宇宙人)で、後ろにいる少年が林(地球人)なので、2人の力関係はつまりそういうことです。 https://manba.co.jp/boards/74128 素性を隠し地球に暮らしていた宇宙人の結真ちゃんですが、クラスメイトの林くんに正体がバレてしまったため、秘密を守ってもらうため何でも彼の言うことを聞くはめに…というあらすじ。 というか1話の2人の出会いからしてブッ飛んでて最高なんですよ…!(試し読みで読めばわかります) 林の結真ちゃんの扱いは、まあ〜〜酷い! 青春や部活など無駄なことに価値を感じない林は、宇宙人に路傍の石より興味を持たない。夜中に林の部屋(※2階)の窓を叩く女の子を、いったん窓を開けたうえで突き落とすのは誰にでもできるムーブではないですよね(ゴクリ) https://i.imgur.com/ZcbswQN.png (『少女Aの悲劇』あさの/中村力斗 第1巻より) だがそこがいい…! **行き過ぎた塩対応は…ラブコメの醍醐味「デレ」までの助走ッ…!!そのハッピーエンドがちゃんと想像できるので安心して読めます。** さらに言えば、理不尽な暴力や事故に遭うために読むのがキツい作品もありますが、この少女Aでは『ちゃんとギャグですよ〜〜』とわかるようにデフォルメがされているので、安心して結真ちゃんが酷い目に遭うところを楽しめます(※個人の感想です) 単行本で初めてこの作品を読んだのですが、全2巻でかなり巻いて終わった感じがありました。もっと2人がギャーギャーするところが見てみたかった…。 銀魂みたいな女の子がギャグシーンで大変なことになる話が好きな人におすすめしたいラブコメです!
たか
たか
2019/10/25
ゲスで汚いデスノート
ネットの広告で見て、単行本発売を待てずにコイン買って全部読んでしまったほど引き込まれた作品。主人公の親父が汚い夜神月って感じでとにかく最高だった…! 主人公の天才子役・シズマ(11)は仕事帰りに2人組の誘拐犯にさらわれ暴行を受ける。誘拐犯たちは有名プロデューサーであるシズマの父に身代金を要求するのだが、なんと父は国民から身代金を集めるため、監禁中のシズマや身代金の受け渡をテレビで配信することを犯人たちに提案。 シズマはテレビ越しに会見を見て父の意図を汲み取り絶望するが、生きて外へ出るために知恵を振り絞る…というあらすじ。 監禁している男の1人、シズマを性的な目で見て手を出そうとしてる男は当然カスなんだけど、もう1人のやつは必要以上にシズマを害したりしないため、読んでいるうちに不思議と良い奴に見えてくる。「ストックホルム症候群ってこんな感じなんだろうな…」と勉強になった。 そして**この作品の見所は、なんと言っても息子を金づるとしか見てない父親。**多少は親として子供への罪悪感や情があるだろうという、こちらの期待を見事に裏切ってくる**底なしのクズ。** 話が進むにつれて、金を稼ぎたい父となんとか脱出したいシズマが、それぞれ知恵を巡らせる姿はデスノートを彷彿とさせます。デスノに比べて果てしなくゲスで汚いですが…。 個人的に、セリフの言い回しや言葉選びが非常に自然かつゲスなところが素晴らしいなと思います。 可愛い美少年が酷い目に遭うところが見たい人はぜひ…! https://www.mangabox.me/reader/97234/episodes/
もっとみる

最新クチコミ

もっとみる

クチコミ募集

Kindle Unlimited