また読みたい
フォロー
ルポルタージュ‐追悼記事‐(1)
舞台は、2034年の日本。「合理的な結婚相手」をマッチングするシステムが発達し、恋愛を“飛ばし”た結婚が一般化している。新聞社で働く社会部記者・青枝聖(あおえひじり)は、時代の象徴ともいえる「非・恋愛コミューン」と呼ばれるシェアハウスで起きたテロ被害者の追悼記事(ルポルタージュ)を書きながら、時代遅れのはずの“恋”に落ちていく……。人気作『ルポルタージュ』が電撃移籍リメイク!
ルポルタージュ‐追悼記事‐(2)
2034年の日本。マッチングシステムが発達し、恋愛を“飛ばし”た合理的な結婚が一般化している。新聞社で働く社会部記者・青枝聖(あおえひじり)は、時代の象徴である「非・恋愛系」シェアハウスで起きたテロ被害者の追悼記事を書きながらも、時代遅れの恋に落ちていた。ある時、記事で言及した「犠牲者のひとりが命をかけてかばった女性」が自殺未遂をしたとの情報が入る。恋愛で心を開き始めていた聖は深く傷つく――。
ルポルタージュ‐追悼記事‐(3)
2034年の日本。マッチングシステムが発達し、恋愛を“飛ばし”た合理的な結婚が一般化している。新聞社で働く社会部記者・青枝聖(あおえひじり)は、時代の象徴である「非・恋愛系」シェアハウスで起きたテロ被害者の追悼記事を書きながら、自身は時代遅れの恋に落ちていた。そして、容疑者がついに語りだす――そのシェアハウスで事件を起こした動機とは。新聞記者である主人公と、容疑者を支援していた者。恋愛の要らない時代にあえて2人になると決めたカップル。恋は人生の邪魔になるのか、それとも助けになるのだろうか。 新時代を予見した話題作、ついに完結。