icon_reread
また読みたい
フォロー
熱帯魚は雪に焦がれる1【電子特別版】
都会の高校から、海辺の田舎町にある七浜高校へ転校してきた小夏は、周囲にうまくなじめずにいた。そんなとき、七浜高校水族館部のひとり部員である小雪と出会う。お互いが抱える寂しさに惹かれ合ったふたりは――?電子特別版には、作者萩埜まことがTwitterで更新中の描き下ろしイラストやコミックを10ページ追加収録!
熱帯魚は雪に焦がれる2【電子特別版】
海辺の町にある七浜高校に転校し、「水族館部」に入部した小夏。水族館部のひとり部員だった小雪との間には、優しい時間が流れる。お互いが抱える寂しさに共鳴し、しだいに惹かれ合ったふたりは――。電子特別版には、作者萩埜まことがTwitterで更新中の描き下ろしイラストやコミックを11ページ追加収録!
熱帯魚は雪に焦がれる3【電子特別版】
七浜高校水族館部のふたりきりの部員となった、小雪と小夏。小雪は高嶺の花の優等生として、小夏は都会からの転校生として、異なる孤独を抱え、お互いに惹かれ合っていく。連れ立って町の夏祭りへ出かけたある日、小夏は、以前から気になっていたことを小雪に問いかける。「初めて会ったあのとき、どうしてわたしに声をかけてくれたんですか?」小雪は戸惑いながら、慎重に言葉を紡ぐが、うまくまとまらず、不器用な答えにしかならない。気まずい雰囲気が流れる中、それでも、お互いの距離を確かめ合ったふたりは――?電子特別版には、作者萩埜まことがTwitterで更新中の描き下ろしイラストやコミックを11ページ追加収録!
熱帯魚は雪に焦がれる4【電子特別版】
ふたりきりの七浜高校水族館部として活動する、小雪と小夏。孤独を埋める存在から、やがてかけがえのない存在として、お互いを思い合うようになっていく。そんなある日、水族館が公開される文化祭を、小雪は風邪で休んでしまう。そして、見舞いに訪れた小夏のイタズラな一言をきっかけに、小夏がかつて口にした、「蛙になれたら」という言葉の真意について、小雪は思いを馳せることになる。ぐるぐると思い悩む時間の中で、お互いを大切な存在と自覚しはじめたふたりは――。電子特別版には、紙書籍版1巻の各店店舗特典イラストを8ページ追加収録!
熱帯魚は雪に焦がれる5【電子特別版】
クリスマスの水族館公開で、サメのショーに成功し、思わず飛び跳ねた小雪は、素の自分を見られたことに動揺してその場を走り去ってしまう。小夏は、小雪の家族は、そんな小雪を当たり前のように受け入れる――。電子特別版には、紙書籍版2巻の各店店舗特典イラストを8ページ追加収録!
熱帯魚は雪に焦がれる6【電子特別版】
県外への進学に不安を抱く小雪は、小夏の友人・楓と親しくなり、悩みを吐き出す。一方、それを知らない小夏は、ふたりが仲よさげにしているところに遭遇してしまう。動揺を隠すように、ふたりに接する小夏だが――。電子特別版には、紙書籍版3巻の各店店舗特典イラストを9ページ追加収録!
熱帯魚は雪に焦がれる7【電子特別版】
七浜高校水族館部のふたりだけの部員・小雪と小夏。小夏は、ふたりをつないでいたものが「孤独」だと感じていた。そして、徐々に変わりゆく小雪との絆が薄れることに怯えてもいた。ある日、小夏はついにその感情を爆発させてしまう。小雪は、そんな小夏に真正面から向き合おうと決心する――。気持ちを吐き出し、ぶつけ、大切な存在をたしかめ合ったふたりは――。電子特別版には、紙書籍版4巻の各店店舗特典イラストを5ページ追加収録!
熱帯魚は雪に焦がれる8【電子特別版】
七浜高校水族館部のふたりきりの部員だった小雪と小夏。この春新入部員が入り、部は活気を帯びつつあった。やがて夏が近付き、小雪は、いよいよ本格的な受験勉強をはじめることになる。意を決した小雪は、月明かりの下、小夏を海辺に誘う。小雪のある決断を聞いた小夏の願いは――。迫る卒業、残されたふたりの時間、今まで以上に、かけがえのない日々。止まらない時を刻み、暗闇から光を見付け出したふたりは――。電子特別版には、紙書籍版5巻の各店店舗特典イラストを9ページ追加収録!