icon_reread
また読みたい
フォロー
悠久の愚者アズリーの、賢者のすゝめ -と、ポチの大冒険-1
魔法大学を落第した落ちこぼれの青年アズリー。偶然精製してしまった「悠久の雫」を飲んでしまい、不老の身体を手に入れてしまう。俗世から離れ、ひきこもって魔法・魔術の研究をしているといつのまにか5000年も過ぎていて、気が付けば古代魔法の偉人になっていた…!アズリー、二度目の青春ライフをエンジョイ……!?
悠久の愚者アズリーの、賢者のすゝめ -と、ポチの大冒険-2
神の使いから、魔王の復活が近いことを知らされた青年アズリー。来るその時に備える為にも、研鑽するよう勧められる――。使い魔のポチ、将来魔法士有望なリナと共に魔法大学でその一歩を踏み出そうとするが、六法士が一人、常成無敗のアイリーンによる入学試験が阻むのであった……。
悠久の愚者アズリーの、賢者のすゝめ -と、ポチの大冒険-3
『焔の大魔法士ガストン』がプロデュースする店に足を運び、リナにサプライズプレゼントを用意するアズリー。そしていよいよ迎えた魔法大学入学式当日。盛大な式を無事終えた、リナとアズリー、ポチだが、『白黒の連鎖』の契約書を締結する際、騒動が起こる―。
悠久の愚者アズリーの、賢者のすゝめ -と、ポチの大冒険-4
魔法大学での生活が始まったアズリー、リナ、そしてポチ。新しい仲間、バラードも加わり、冒険者ギルドの依頼で稼ぎ、頑張る日々が続いていた。大学では、六法士・アイリーンの特別課題を出題されるアズリーだが、対応結果により、イデア、ミドルス、オルネルの三人と対決することに。面倒なので、一度に相手をするアズリーに、果たして勝機は!?
悠久の愚者アズリーの、賢者のすゝめ -と、ポチの大冒険-5
『帰らずの迷宮』の一件が落ち着き、また大学生活に戻るアズリーとポチ。ある日アイリーンから食事に誘われるが、同席するのは六法士のガストンと回復魔法の権威のビリー。何をされるのか分からず、ポチも巻き込んで、その日を迎える。案の定、質問攻めにあうアズリーは、そこで自身の意思とは無関係なことを伝えられるのだった――。
悠久の愚者アズリーの、賢者のすゝめ -と、ポチの大冒険-6
オーガ戦から半月が経ち、魔法大学での生活に戻るアズリーとポチ。久しぶりに再会したリナはランクCになり、どこか大人の雰囲気が……?一方、大学の派閥同士で行われる親善試合の組み合わせが、黒帝ウォレンにより決められ発表されるのだった――。