reread
また読みたい
フォロー
ある場所では1本。また別の場所からは4本と、見る場所によって本数が違って見える、おばけ煙突。そのおばけ煙突を掃除した人が、立て続けに3人煙突から落ちて亡くなり、祟りがあると恐れられていく。そんな時、子供が病気になり金に困ったベテラン掃除夫は、悩んだ末、おばけ煙突の掃除を…。(おばけ煙突)/ 他、ある一夜・うぐいすの鳴く夜・クロ・鉄路・賭 の、全6編を収録。※作品は1958年~1959年に発表されました。
関西の殺し屋として有名な鮫島兄弟の兄が、殺し屋サムに殺害され、兄の仇を討つため地下組織に女装して潜入した弟のケン。だが、正体が暴かれ、地下のガレージに閉じ込められてしまう。そんな時、仇のサムが現れ…。(非情)/ ハードボイル劇画、時代劇など、鬼才の初期作品、非情・忍者狩り・恐れる小さな町 の全3編を収録。※作品は1960年に発表されました。
世の中には一流以上の才能を持ちながら、世間に認められない者もいる。温泉宿で相部屋になった武士は身の丈六尺におよぶ大男で、異相。播州の牢人だと言う彼は、実は名のある武芸者ではないかと思った平田。しかし、相部屋で生活をするうちに…。(噂の武士)/ 他、行ったり来たり・西瓜酒・死にたい気持ち・運命 の、異色作品全5編を収録。※作品は1965年に発表されました。
買い物から帰って来た妻が文鳥を飼いたいと言う。ケンカばかりの生活だったが、文鳥を飼ってからは笑い声の絶えない日々が続き、幸せの青鳥と思うようになった若夫婦。だがある日、夫はふとしたことから文鳥を死なせてしまい、妻には逃げたとごまかすが…。(チーコ)/ 他、下町の唄・不思議な絵・兄貴は芸術家・沼・初茸がり の、全6編を収録。※作品は1965年~1966年に発表されました。
タダ同然の家賃で借りた郊外のボロ家に引っ越してきて1年。広い庭でトマトやキュウリを作り、木々には小鳥が遊びにくる理想の生活を満喫していた青年。だが、いつの間にか2階に李さん一家4人が住みつき、奇妙な同居生活が…。(李さん一家)/ 他、鬼才の問題作、古本と少女・通夜・山椒魚・峠の犬・海辺の叙景・紅い花・西部田村事件 の、全8編を収録。※作品は1966年~1967年に発表されました。
ひなびた漁村や岬、白浜が魅力的な景色を展開する素朴な西伊豆は松崎での、人々との触れ合い…。そして紅葉を求め、福島県の二岐渓谷で遭遇した大型台風の恐ろしい一夜など、作者の体験を描いた旅マンガ。読む人を摩訶不思議な世界へと誘う鬼才の代表作『ねじ式』の他、長八の宿・二岐渓谷・オンドル小屋・ほんやら洞のべんさん の、全5編を収録。※作品は1968年に発表されました。
寂れ、死んだように静まりかえる温泉町にやって来た一人の男。だが、彼はそんな温泉町に昔から知っていたような親しみを感じる。駄菓子屋を覗いた男は、その店バアさんにゲンセンカンという温泉宿の主人にそっくりと言われるのだが…。(ゲンセンカン主人)/ 他、郷愁感を誘う、もっきり屋の少女・蟹・やなぎ屋主人・夢の散歩 の全5編を収録。※作品は1968年~1972年に発表されました。
作品ネタを探しに秋田県能代と青森県の五所川原を結ぶ五能線の沿岸を歩く作者。真冬の景色は暗く冷たい。鯵ヶ沢で泊まった商人宿をネタにしようと思いつくが、リアリズムにあまり触れたくない作者に、宿の人たちは生活臭をさらけ出して…。(リアリズムの宿)/ 他、夏の思い出・下宿の頃・大場電気鍍金工業所・懐かしいひと の全5編を収録。※作品は1972年~1973年に発表されました。
貸本屋向けの漫画を描いて生活をしている津部義男は、最近スランプに陥っていた。一家7人を兄と共に経済的に支える義男は、母親から催促され、焦るばかり。そんな時、先輩の田山に誘われるまま、湯河原温泉に泊まり込んで仕事に没頭しようとするが…。悩める青春の日々を描いた作者の代表作、『義男の青春』の他、事件・枯野の宿 の全3編を収録。※作品は1974年に発表されました。
同居中の女性に暴力をふるい、彼女はアパートの部屋を飛び出してしまう。だが、帰って来た彼女の体には無数のキスマークが…。(夜が掴む)/ 海水浴帰りの若者が知り合った行商人Kさんは、酒を飲みながら泣き出し、自分は悪い男だと言う。5年前、ある夫婦から、子供が欲しいので妻を抱いてほしいと頼まれ…。(庶民御宿)/ 他、退屈な部屋・アルバイト・コマツ岬の生活 の全5編を収録。※作品は1975年~1978年に発表されました。