icon_reread
また読みたい
フォロー
百千さん家のあやかし王子 第1巻
16歳の誕生日。プレゼントにもらったのは古びた「屋敷」。そこで待ち構えていたのは、葵と名乗る謎の高校生。実は葵は人間でありながら、ケモ耳妖怪の「鵺(ぬえ)」に変身する家の守り主だというのだが…。
百千さん家のあやかし王子 第2巻
人間でありながら「御守様」に指名されてしまったが故に“百千家”から一歩も出られず、存在すらなかったことにされてしまった葵。それを知ったひまりは、なんとかその「呪い」から葵を解き放とうと奮闘するのだが…
百千さん家のあやかし王子 第3巻
ひまりの“招待”を受け、クラスメイトに混じって死人が百千家に入ってきた。誰が“死人”なのか…うまく見つけられないとクラスメイトに被害がおよぶという…。一方葵は、しだいに鵺になる期間が長くなり…
百千さん家のあやかし王子 第4巻
「御守様」に任命されたと同時に、世間から存在を消され今では誰も葵のことを覚えているものはいない…そんな中、昔の葵を知る人物がひまりの前に現れて…。
百千さん家のあやかし王子 第5巻
人間界と異界に存在する7つの滝に異変が起きる。その理由を探ると紫を『水蛇』にした龍神に関係があるというのだが…!?
百千さん家のあやかし王子 第6巻
自分にかけられた呪いがきっかけで「葵が好き」だと告げる決心をしたひまりだったが、振られてしまう。ひまりは諦めようとするが、葵のスキンシップは増すばかり。そんなひまりの前に、百千家をよく知る、那智 篁という臨時教員が現れるのだが…!?
百千さん家のあやかし王子 第7巻
葵を百千家から追い出す手掛かりを得るために、古い地図から「七守」の名を探そうとするひまり。さらに、葵のスランプの原因をひも解くと、葵と那智との過去が関係していることを知るのだが…!?
百千さん家のあやかし王子 第8巻
那智との対決以降、鵺の姿から人間の姿に戻ることが出来なくなってしまった葵。葵を元の姿に戻すためには、失われてしまった葵の過去を取り戻すことが必要だというのだが…!?
百千さん家のあやかし王子 第9巻
ひまりの頑張りで、鵺の姿から人間の姿に戻ることができた葵。葵が百千家の御守様という役割を担うことになった経緯には、ひまりの両親が関係していた。その事実を知ったひまりは――…!?
百千さん家のあやかし王子 第10巻
ついに両想いになれたひまりと葵。しかし、「百千の名とオマモリ様の座」を欲する妖<門番>が、二人に横恋慕するようにひまりに婚姻を迫ってきて…。ひまりを賭け、鵺(葵)VS門番の<いろ鬼>勝負が始まった!