あらすじ

聖(せい)の遺書は存在した。彼の残虐な意思と死の真相に、キラの心は戦慄(せんりつ)する。そして零(れい)も、次第に鮮明になる母の記憶を追って、封印された両親の“真実”へたどり着く。戦いの神(MARS)の声に過去は目覚め、魂の傷口から溢れ出す――。凄絶のファイナル・ラブ、第13巻!!「罪の行方」。