また読みたい
フォロー
1979年シーズンオフ。トレーナーと温泉宿にやってきた高橋慶彦(広島カープ)は、夜間ランニング中に、草原を光が走り抜けていく不思議な光景を見る。しかも、その直後に現れた少年の左手には、野球のグローブがはめられていた!「まさか、あの少年が」と思いつつ、その晩は床に就いた高橋だったが、翌日の散歩中、その少年が草野球のマウンドに立っているのを見て…。
猿のようにすばやいショート・兵吾を仲間に加えた三郎たち。次なる4番目の男に会うため海辺の漁師町を訪れるが、その男・4番ファースト候補の日向浩二郎は、仲間と一本釣りの漁に出かけた最中だった。待つこと1週間、ようやく戻ってきた船からは筋骨隆々の男たちが大勢降りてきたが、意外にも日向だけは華奢な体格。しかも彼は17歳にもなって、まだバッティングの経験すらなく…。
藍沢高との練習試合。三郎の投げる豪球を、一球ごとに気絶しながらも受け続ける太郎丸。だが攻撃では、陣八や浩二郎があっさりとホームランを放つも、伸九郎や人数合わせの陣八の子分たちが足を引っ張り、なかなか大量得点につながらない。グロッキーになった太郎丸を見てバント攻撃をしかけるなど、そつのない名門校を相手に、4回表を終わって3-5と苦戦は続く…。
宿泊先で三郎と同室に入り、すっかり新婚初夜気分の北斗。また彼女に勧められて風呂に入った三郎も、まんざらでもない様子。ところが自分も三郎に気があるのか平常心でいられない潮が、ふたりを止めようと部屋に押し入ってきたので、結局初夜(?)はお流れに。正気に戻った三郎は、散歩に連れだった兵吾にある決意を語り出す…。
store