icon_reread
また読みたい
フォロー
シュート!(1)
憧れの「背番号10」久保嘉晴(くぼ・よしはる)とプレイするために、新設の掛川高校に入学した田仲俊彦(たなか・としひこ)=トシ。掛西中では活躍していた田仲だが、入院中の久保にも会えず、雑用ばかりやらされる毎日にうんざりしていた。が、マネージャー遠藤一美(えんどう・かずみ)の策略で、2年生と試合するはめに……。
シュート!(2)
先輩2年生との試合に挑んだ田仲率いる1年生チームは、高校サッカーの実力を思い知らされる。苦戦する田仲の前に現れたのは、掛西中時代の名トリオ、和広と健二だった!一度はサッカーを捨てた和広と健二だったが、マネージャー一美とトシの情熱に、再びサッカー部に入部を果たす。残念ながら負けてしまった1年生チームだが、がんばりが認められ、1年生にもインターハイメンバーへ選ばれる可能性が生まれた。
シュート!(3)
天才・久保嘉晴も部活に戻り、活気が出てきた掛高サッカー部。インターハイ目前の時期、ついにレギュラーのメンバー発表が行われる。トシ、和広、健二の1年生3人は、果たしてレギュラーになれるのか!?
シュート!(4)
天才・久保嘉晴がつくったミラクルチーム掛川が、インターハイでその強さをあらわしはじめた!!インターハイ初戦、湖東学園との試合は掛高の圧勝で終わった。だが2回戦、強豪・浜野高校に挑んだトシたちは、シード校の実力を思い知らされる!
シュート!(5)
GK(ゴールキーパー)白石の大活躍で、シード校である強豪・浜野高校をPKで破った掛川高校!決勝トーナメント進出を決め田仲俊彦(トシ)たちは、マネージャー・遠藤一美(えんどう・かずみ)を誘い、強豪・藤田東を偵察することに。一美を誘えたことで浮かれるトシだったが、親友・和広(かずひろ)の彼女への想いを知り、自分の気持ちに嘘をつくようになっていく。本当の実力を見せずに決勝へと進んだ藤田東の圧倒的な強さを知り、掛川イレブンはショックを隠しきれない――。
シュート!(6)
決勝トーナメント2回戦、袋井(ふくろい)工業との試合会場に、掛川の主将・久保嘉晴(くぼ・よしはる)の姿はなかった。電話で伝えられた田仲俊彦(トシ)へのメッセージは「左を使え!」。エースを欠き、動揺する掛川イレブンたちは試合開始直後、次々と点を入れられてしまう。久保の親友・神谷はチームの建て直しのため、トシを左ウイングに投入。追い詰められたトシの左足が火を噴いた!!勢いに乗った掛川は、大逆転勝利を収め、ベスト8に進出。次の相手は東海学園!!
シュート!(7)
快進撃を続ける田仲俊彦(トシ)たち・掛川高校イレブン。県大会の決勝トーナメント準決勝の相手は、秘密兵器と呼ばれる広瀬清隆(ひろせ・きよたか)を従えた掛北高だった。2校の実力はほぼ互角とされていたが、広瀬の放つ不規則に変化するナックルシュートに手も足も出せずにいた。しだいに引き離される点差に焦りの見えるトシたち。そのとき、ゴール前に下がっていた超高校級・エースストライカー・久保がボールをキープし激走!はたして掛高は決勝への切符を手にすることができるのか…!?
シュート!(8)
脅威の11人抜きを成し遂げ、掛川高を初の決勝進出に導いた主将・久保嘉晴(くぼ・よしはる)が死んだ――。白血病を患っていたことを隠し、サッカーにすべてを捧げた久保。あまりに突然の死に、悲しみの中決勝に臨んだメンバーは、思うようにプレーが出来ずあっけなく敗退する。次の大会に向け、練習に励む掛高イレブンだったが、久保のいない淋しさを埋めることができずにいた。神谷は久保の死を信じきれない田仲俊彦(トシ)に、久保のサッカーへの熱い想いを語る。その心を知った彼は、あらためてサッカーに青春を懸けることを誓う!
シュート!(9)
エース・久保嘉晴(くぼ・よしはる)の死にとらわれ、動き出せずにいた掛高サッカー部は、久保の言い残したことを守り以前と同じ練習を続けていた。新しく入部したブラジル帰りの馬堀圭吾(まほり・けいご)は、そんな部員達を見て異を唱える。久保の残したサッカーの本当の意味とは……!?そして、再びサッカーが自分達のためにあるものだと気付いた彼らは、新たな目標、全国高校サッカー選手権に向けて動き出す!!
シュート!(10)
全国高校サッカー選手権の冬の大会に向けて組まれた新レギュラーで、エースナンバー・10番を託された田仲俊彦(トシ)。しかし、初戦・金森との試合ではプレッシャーからか必要以上に力が入り、チームは勝ったが、思うように動けなかった自分に苦悩する。励まそうとハッパをかける遠藤一美(えんどう・かずみ)に八つ当たりしたトシは、彼女を傷つけてしまった。そのせいで一美がマネージャーをやめると言い出して……!?