月50万もらっても生き甲斐のない隣のお姉さんに30万で雇われて「おかえり」って言うお仕事が楽しい(1)(ガルドコミックス)
社畜リーマン・松友裕二が残業後マンションに帰ると、家の鍵を無くし立ち尽くす早乙女ミオの姿があった。呆然としたミオが余りに不憫になった松友はベランダから彼女の部屋へ入り、鍵を開けることに成功―― 「おかえりなさい。今日は大変でしたね」 彼女を迎え入れた、その何気ない一言が仕事は有能だけどポンコツな美人OLの心を捉え……!? 「私が月30万であなたを雇います!」 衝撃の提案からミオは迅速に動き、彼の転職を実現させてしまう。松友の新たな仕事は、帰宅したミオに「おかえり」ということ。これは元・社畜と“隣のお姉さん”の織り成す物語。
月50万もらっても生き甲斐のない隣のお姉さんに30万で雇われて「おかえり」って言うお仕事が楽しい(2)(ガルドコミックス)
早乙女ミオに「おかえり」と毎日言う仕事に就いた松友は、家事全般も引き受け、ポンコツ美人OLの世話に励んでいた。そんな健全な男子が夢見るような生活を送る松友のもとにかつての職場の後輩・村崎きらんが訪ねてくる。「その方はどなたですか? 先輩……」 図らずも彼の自宅の前で対峙する村崎とミオの二人―― 「あの子可愛い! あの子を妹にしたい」 予想の斜め上をいく早乙女ミオは相変わらず健在で……!? 一方、松友が勤めていた職場に暗雲が垂れ込めつつあった。元・社畜と“隣のお姉さん”の織り成すラブコメディ第二幕!
月50万もらっても生き甲斐のない隣のお姉さんに30万で雇われて「おかえり」って言うお仕事が楽しい(3)(ガルドコミックス)
松友がいた職場に迷惑を掛けたと自らを責めるミオは自力で窮地を脱するも、皆の前から立ち去ろうとしていた。しかし、それを察した松友たちはミオを救うべく行動を開始。過去のトラウマから頑なに人を信じようとしないミオだったが… 「私が認めない…許されるはずがない!!」 松友、村崎、土屋たちの行動がミオの心を救う―― 「もうちょっとだけ会ってもいいのかな……」「ちょっとと言わずいくらでも!」 “おかえり”の一言で、人は前に進む勇気を持てる。元・社畜が“隣のお姉さん”のために働くラブコメディ第三幕。
また読みたい
フォロー