サイレーン 1巻
武蔵県警の猪熊夕貴と里見偲はあらゆる事件の初動捜査を行う機動捜査隊(通称:キソウ)の刑事。二人は”相棒”として一緒に仕事をしているが、実は恋人同士でもある(もちろん、職場ではヒミツ)。そんな二人がある変死体発見現場で出会ったのが、橘カラ。以来この美しい女性、なぜか猪熊と里見の周辺をウロウロしはじめた。橘カラとは何者か?彼女の目的は?キソウ天外物語、開幕!!
サイレーン 2巻
武蔵県警機動捜査隊(通称・キソウ)の猪熊夕貴(いのくま・ゆき)と里見偲(さとみ・しのぶ)が、変死体発見現場で出会った女・橘(たちばな)カラ。この日以来、この美しいキャバ嬢は、猪熊を執拗に追い続ける。尾行・張り込み・当たり屋敢行・独身男の誘惑…。そして、カラは猪熊の自宅を監視することに成功。続いて猪熊と親しくなるために、友人を踏み台に……。絶対悪女の目的は??
サイレーン(3)
橘(たちばな)カラの暗い影に気づき始めた機動捜査隊の里見(さとみ)。捜査線に浮上したのは、カラが通う美容外科医院だった。裏の顔を持つ院長の月本。カラと急接近する里見のカノジョ・猪熊(いのくま)。里見を誘惑するカワイイふたご……。誰もが橘カラの本当の目的を、知らない。
サイレーン(4)
美しいキャバ嬢・橘(たちばな)カラの持つ暗い影に気付き始めた、里見(さとみ)刑事。里見に追われていることを察知した、殺人鬼カラ。何も知らずにカラとの友情を深めていく里見のカノジョ・猪熊(いのくま)――。美容整形外科で起きた殺人事件をきっかけに三角関係は大きく動き出す……。
サイレーン(5)
橘(たちばな)カラの罠にはまった里見(さとみ)は、カノジョ・猪熊(いのくま)との間に溝ができてしまった。一向にカラの正体を暴けず、調査に限界を感じる里見の前に、カワイイ「ふたご」が登場。援軍を得た里見は、一歩ずつ橘カラの正体に近づいていく――。
サイレーン(6)
猪熊(いのくま)は行方不明、アイも連絡がつかない。急変する状況に焦る里見(さとみ)を橘(たちばな)カラが挑発する。2日前、猪熊はカラと二人きりで山奥の山荘に向かっていた……。警察をあざ笑う、絶対悪女の狂気の宴、開演――。「美人殺人鬼」の妖しき魅力を山崎紗也夏が描く!!
サイレーン(7)
「私は人と違う衝動を持って生まれた――」橘(たちばな)カラに監禁された猪熊(いのくま)に迫る、最後の時間(とき)――。救出に向かう里見(さとみ)は間に合うのか!?……そして美人殺人鬼の歪んだ世界と壮絶な過去が、明かされる。
また読みたい
フォロー