新暗行御史 1巻
韓国に古くから伝わる、庶民のヒーロー・暗行御史(あんぎょうおんし)。文秀(ムンス)は現存するただひとりの暗行御史だ。暗行御史の証である馬牌(マハイ)を使って幽幻兵士(ファントム・ソルジャー)を蘇らせ、暴君や妖怪など、世に巣くう全ての悪を叩きつぶす!韓国コミック界の異才コンビが放つ、勧善懲悪スーパー伝記アクション!!
新暗行御史 2巻
旅の途中、文秀が立ち寄ったある都は、大変な数の負傷者であふれていた。手当たり次第に殺戮し、略奪する野蛮な盗賊たち・予刀族に襲撃されたのだ。その予刀族が再度攻めてきた。文秀は、都を守ろうとする若き領主の力になろうとする。だが、敵のリーダーを目の前にした文秀はあっさり寝返り、予刀族の一員となるため、領主の頭を拳銃で撃ち抜く…。
新暗行御史 3巻
文秀の前に「稀代の大魔法使い」を自称する房子(バンジャ)という少年が現れた。イタズラ小僧然とした彼は、なんだかんだと文秀にちょっかいを出すが、結局こらしめられてしまう。そして、文秀が本物の暗行御史だと知った房子は、文秀のお供をしたいと願い出るが…。
新暗行御史(4)
訪れた町で、軍隊時代の部下だった元述たちに馬牌を破壊され、捕まってしまった文秀。一方、辛うじて脱出した山道は、乙巴素の拷問を受け苦しむ文秀を助けに向かうが、その途中、聚慎最強の剣士・元述と闘うことになってしまう。死闘の末、元述に勝利した山道だったが…。
新暗行御史(5)
旅の途中、奥深い山の中に人家を見つけた文秀たちは、そこで一息つかせてもらうことにした。その家に住む青年は、この近くに人の言葉を話す虎がいると文秀に話す。以前、山の中でその虎に出くわした彼は、食べられることを恐れ、生き延びたい一心で虎に「あなたは魔女の呪いで虎にされてしまった私の兄さんだ」と途方もない嘘をついて…。
新暗行御史(6)
暗行御史の馬牌を作った鍛冶屋を探して、七甲山(チルガプサン)を訪れた文秀たち。そこに猟師の格好をした奇妙な老人が現れる。老人からただならぬ気配を感じた文秀が後を追い、彼の小屋にやってくると、そこには数々の鍛冶道具が!さっそく自らの壊れた馬牌を見せ「直せるかい」と尋ねる文秀だが、なんと老人は馬牌を窯の中に放り投げてしまう。
新暗行御史(7)
平岡の父・七甲山大領主の死を期に、それまで友好的に接していた西洋人が突然城に攻め入って来た。領民の命を楯に統治権の放棄を迫られた平岡は、あまりにも重いプレッシャーに、自らの幻想の世界に入ってしまいそうになる。降伏か、それとも死か。生け捕りにされ、敵軍の前に晒された平岡が下した判断は?
新暗行御史(8)
活貧党と戦って破れた山道が、文秀の元を去ってしまった。己の強さに自信をなくした山道は、夜な夜な街に現れては、腕自慢の武人やならず者相手に戦いを挑んでいく。そのことは人々の噂となり、かつて山道と引き分けた西洋人の女剣士・マルレーネの耳にも達する。街中で遭遇した2人は、申し合わせたかのように再戦の果たし合いを…。
新暗行御史(9)
金海の領主が活貧党に捕らわれた。文秀は黄金がある地下金庫に元述を残し、ひとりで桂月香率いる活貧党の元へ向かう。そして、桂月香を前にした文秀は「お前は偽物だ」と言い放ち、銃口を向ける。一方、元述のいる地下金庫にも活貧党メンバーが現れ、壮絶な戦いが始っていた…。
新暗行御史(10)
船を脱出した活貧党総裁・洪吉童は、房子、金海軍を相手に激闘を繰り広げていた。そこへ活貧党との戦いで溺死状態だった文秀が現れる。両軍とも多大な死者を出していた。その時、目の前で仲間を失った洪吉童は、剣を向けて文秀の懐に飛び込んでいった…。