あらすじ

義賊・活貧党との戦いで瀕死の傷を負った文秀は、死の直前「曼陀羅華の鍼」を打ち、仮死状態に陥る。鍼の効果で、過去に意識が逆行した文秀は、気が付くと幻想の中で山道、房子と旅をしていた。ある村で「嘘つき大会」が開かれることを知った一行は、賞金500両を目当てに、主催者である領主のもとを訪れるが…。