icon_reread
また読みたい
フォロー
太郎(TARO)(1)
吉野太郎はプロボクサーでありながら、信用金庫に勤めている。職場でこのことを知っているのは、先輩の森崎みほだけ。森崎は懸命な太郎がついつい気になり、放っておけない。プロデビュー戦でKO負けした太郎の第2戦目の相手は、インターハイ準優勝の経験を持つ早見卓で…。職業・銀行員。5時からボクサー。拳に賭けた男の戦いがはじまる!!
太郎(TARO)(2)
第4ラウンドの壮絶な打ち合いで、ダウンを奪ったのは太郎であった。しかし、早見も根性で立ち上がる。結局試合はこのまま引き分けになるが、観客の拍手は太郎に送られる。週明け、顔を腫らして出勤してくる太郎を見て、会社の上司は太郎に会社を自ら辞めさせるため、きつい外回りの業務を命じる。
太郎(TARO)(3)
太郎はプロ第3戦の相手に、いともあっさりとKO勝ちしてしまう。初勝利に再び笑顔を取り戻した太郎。しかも、この試合を太郎の営業先の社長が見ていた。ボクシング好きの社長は、以前は全く相手にしなかった太郎に興味を示し、経営するアパートでのトラブルを相談するのだが…。
太郎(TARO)(4)
大阪での試合の直前、太郎はデビュー戦で戦った外国人ボクサーに襲われそうになる。実は2人は、子供の頃その外国人の母国で出会っていた。しかも、太郎の父親はその外国人ボクサーの姉に許し難い行為をしていたのだった。試合に勝っても、そのことが頭から離れない太郎は…。
太郎(TARO)(5)
ガルシアから言われた欠陥が気になる太郎は、大阪まで出向き、ガルシアとスパーリングをすることに。前半、おもしろいようにあたる太郎のパンチ。しかし、ガルシアにはダメージが少ない。つまり、太郎の欠陥とはパンチが軽いことであった。この事実にショックを受ける太郎は…。
太郎(TARO)(6)
デビューからずっと太郎を見続けてきた森崎は、恋人との結婚が迫っていた。しかし、どうしても太郎のことが気になる森崎は、結婚を白紙に戻してしまう。森崎のことをあきらめられない元婚約者は、太郎の元へやってきて、森崎から手を引くように頼む。何も知らなかった太郎は動揺するが…。
太郎(TARO)(7)
「エビハラボクシング」に出向いた太郎は、堀内というボクサーと知り合う。太郎と違い、才能もセンスもないボクサーである堀内だが、以前のさえない人生よりは充実しているという。しかし、皮肉なことに太郎の次の対戦相手が堀内に決まる。動揺する太郎。早めに試合を終わらせるため、1ラウンドKOを狙うが…。
太郎(TARO)(8)
4連続KO勝ちとなった堀内との試合がテレビで放送されてしまい、次の日会社ではその話でもちきりとなる。会社は宣伝効果を期待して、勝ち続ける限り、太郎のボクシング活動を認めることにする。うかれる太郎は、その夜ジムをさぼり、あゆと一夜を過ごしてしまう…。
太郎(TARO)(9)
太郎の6回戦の相手セコンドには、以前引き分けた早見の姿があった。対戦相手には苦戦しながら何とかKO勝ちするが、早見に太郎の欠陥であるパンチの弱さを見抜かれてしまう。一方、会社ではまたもやKO勝ちした太郎をみんながもてはやし、担当地区も与えられ、一人前扱いされることになる。
太郎(TARO)(10)
太郎とあゆの関係に気づいた森崎は、自分が太郎をひとりの「男」として見ていることに気づく。そして、太郎のボクシングのように「自分にできるもの」を探すため、会社を辞めることを決心する。一方、太郎は対早見戦のため、サウスポー対策に取り組む。自分には早見を倒すような強いパンチをもっていないと焦る太郎は…。