あらすじ

沙貴の仕業で何物かに囚われてしまった和美。琢矢のことを本当に愛しているという和美に沙貴は、琢矢のために体をはって、本当の愛を自分に教えて欲しいと告げる。沙貴の手下の男たちに襲われそうになり、やっとの思いで逃げ出した和美であったが、交通事故にあってしまう…。