icon_reread
また読みたい
フォロー
100億の男(1)
俺の人生…、100億で買ってください!平凡なサラリーマンであった富沢琢矢は母親の借金の保証人になったために100億の借金を背負う。100億の価値を持つ男となるべく、自身の人生を久我山天善に売るが…。大金と美女を手に入れてがけっぷちから這い上がれ!テレビドラマ化もされた人気作が登場。
100億の男(2)
沙貴の仕業で何物かに囚われてしまった和美。琢矢のことを本当に愛しているという和美に沙貴は、琢矢のために体をはって、本当の愛を自分に教えて欲しいと告げる。沙貴の手下の男たちに襲われそうになり、やっとの思いで逃げ出した和美であったが、交通事故にあってしまう…。
100億の男(3)
琢矢は、かつて勤めていた中堅商社、東都物産に出向いた。無一文で、身も心もボロボロになっていた琢矢にお金を貸し、励ましてくれた村田にお礼を言うためだった。そんな琢矢に村田は、中国と大きな仕事をすると打ち明ける。そして、国土創成社に出社した琢矢は、企画開発部に配属され自分の上司が久我山沙貴であることを知る。
100億の男(4)
琢矢がかつて勤めていた東都物産を倒産させることで手に入れた、対中プロジェクトが本格的に始動し始めた。だが同僚であった村田に刺されてしまい、入院生活を送る琢矢。そこに楊の部下が写真週刊誌を持ってあわてた様子で現われた。そこにはなんと、楊と琢矢の密会がスクープされていたのだ!
100億の男(5)
赤坂ショッピングセンタ-建設のために手に入れたい土地、ホテル・ジャポネ跡地を視察に行った琢矢と沙貴。琢矢は、そこで出会った土地の所有者である株式会社「マエジマ」社長の娘・マリエにせまられる。この突然の行動を不審に思った琢矢がマリエを問いただしたところ、「1日だけ私の恋人になってほしい」と言い出し…。
100億の男(6)
真鍋が選んだ銘柄「スピリッツケミカル」の社長夫人が過去にAVに出演し、それをもみ消すために巨額の金が動いたという情報が入った。だが、それは単なる噂として処理されており、証拠もないものだった。琢矢は、その証拠を作るために各界の名士が集うパ-ティに出席して社長夫人をおとし、証拠捏造に成功したが…。
100億の男(7)
沙貴の兄・久我山善彦の不正を知った沙貴と琢矢は、国土のライバル会社・住菱地所事業部本部長である森下圭から証拠となる書類を入手した。だが、その書類を巡って沙貴と意見が対立してしまい、沙貴は天善に書類を見せようとする。だが善彦に現場を押さえらえ、沙貴と森下圭は監禁されてしまう!
100億の男(8)
カミジョウコ-ポレ-ション社長・上条和明の久我山グル-プ株の買い占めは、赤坂ショッピングセンタ-の物流を担当する重要な位置を占めるヤグミ興産にまで及んだ。だが琢矢がヤグミ買収を阻止したことを知った上条は、贈収賄や自殺を仕組んだことがばれてしまうことを恐れ、琢矢との全面対決を決意する。
100億の男(9)
沙貴が勤めるカミジョウコーポレーションの乗っ取りを天善が仕掛けはじめた。このことを知った上条は急遽帰国を決めた。だが、何としてでもアメリカでのビジネスを成功させ、琢矢に一矢報いたいと思う沙貴は、体を張って上条を説得する。一方ウェルネス社社長との交渉が失敗に終わった琢矢は…。
100億の男(10)
上条の会社を訪れた琢矢は、重役たちのクーデター計画を知る。上条の失脚をくいとめた琢矢は、カミジョウコーポレーションの株主総会で、カミジョウとヤグミが正式に業務提携することを発表した。しかし、上条はその場でメインバンクと手を切ってしまう。ここで融資を止められると、経営がますます苦しくなるのだが…。