あらすじ

ある日、伊橋は板場の食事用としてキンピラを大量に作った。その日、見るからにヤクザと分かる二人組の客が来る。「アイツらにはこれで充分」と考えた伊橋は、昼に作ったキンピラを先付けとして出すが、弟分のヤクザは大喜びだった。その夜、伊橋は暴走族に因縁をつけられるが、さっきのチンピラに救われる。数日後、あのチンピラが伊橋を訪ね、近々、鉄砲玉として対立する組長を殺すことになったと話す。