ナタリーで新連載開始のニュース見てうわ〜〜!!となりました。

連載版の第1話は14歳になった村野家の三男・朝日と幼馴染の詩ちゃんのお話。
ヤングケアラーとしておばあちゃんのオムツの面倒まで見ている詩ちゃんはある日、奈央は実の母親ではなくステップマザーであると友人にバラしているところを、朝日とその友人の男子たちに聞かれてしまう。
謝ろうとするも上手く行かず、朝日からも男子からも「臭い」と言われてしまい……。

巻頭カラーで、近所で咲いている花畑を香りを「無料の香水」といってまとっている可愛らしいシーンが、詩ちゃんの生活ぶりを知ってしまうと180度意味が変わって見えるのが凄まじい。
絶妙に噛み合わない人間関係が中学生っぽくてじれったくて辛くて読んでてクキィ〜〜!!となりました。最高。

込み上げるエモさを抱えきれず、4年ぶりに読切版を読み返したら「どうしてこんなに素晴らしい読切を忘れていたんだ…!」と自分を殴りたくなるほど良かったです。(まぁでも内容を忘れて新鮮に楽しめたからOKです!

▼読切版掲載号(ビッグコミックオリジナル7号 2019年4月5日号)

『13日には花を飾って』 一色まこと『釣りバカ日誌』 作/やまさき十三 画/北見けんいち『昭和天皇物語』 能條純一 原作/半藤一利 脚本/永福一成 監修/志波秀宇『黄昏流星群』 弘...


奈央さんもお母さんを早くに亡くしてるのか。だから四男の翔太も仲間意識を感じるんだね。

「時間が経ってもどうにもならない気がする」
「何を言っても悪い方に転がってしまう気がする」

ネットいじめの怖さって本当にこういうところだよね…

闇の少年

闇の少年

奇跡のタッグで描くジュブナイルサスペンス『ピアノの森』の一色まこと×数々のヒット作を放つ長崎尚志のタッグで贈るジュブナイル・サスペンス!! いつものように近所の森を探検していた少年・ヒカルとその友達。しかし今日は森の様子が、なんだか違う。なにかに誘われるように、森の奥深くにあるお屋敷に辿り着いたヒカル達。そこでのある「邂逅」をきっかけに日常が変容し出し…!?
レディ・ロウと7日の森

レディ・ロウと7日の森

その国の王子は17歳までに、必ず死ぬ——。 “7日の森”と呼ばれる魔法の森に棲む魔女のかけた呪いを解くため、レオ王子たちは命を懸けた冒険の旅に出る。 『ピアノの森』の一色まことが描く新たなる森のファンタジーの開幕です。
試し読み
ピアノの森

ピアノの森

森のピアノは、その少年を待っていた――。捨て去られたピアノ。壊れて音の出ないピアノ。いま、ひとりの少年の選ばれた指が、失われた音を呼び覚ます。少年の名は一ノ瀬海(いちのせかい)。彼は心に深く豊かな森を抱えていた。
花田少年史

花田少年史

近所でも一押しの悪ガキ・花田一路(はなだ・いちろ)少年。ある日、いたずらが過ぎ自動車に激突してしまう。幸いにも九死に一生を得たがこの事故以来、頭に残った9針のキズと共にオバケが見えるというコワ~イ能力まで得ちまったからたまらない。
じゅうさんにちにははなをかざって
13日には花を飾って
本棚に追加
本棚から外す
読みたい
積読
読んでる
読んだ
フォローする
メモを登録
メモ(非公開)
保存する
お気に入り度を登録
また読みたい
名読切が連載化!一色まことが描く大家族ステップファミリーにコメントする