写真屋カフカ

しゃしんやかふか
著者:山川直人
最新刊:
2020/03/30
しゃしんやかふか
写真屋カフカ(1)
写真屋カフカ(2)
写真屋カフカ(3)
ストアに行く
本棚に追加
本棚から外す
読みたい
積読
読んでる
読んだ
フォローする
メモを登録
メモ(非公開)
保存する
お気に入り度を登録
また読みたい
『写真屋カフカ』のクチコミ投稿
クチコミで好きなマンガを広めよう!
話題の種類
「マンガのクチコミってどうやって書けばいいの?」という方へ!選んだ話題に応じた書き方のヒントや例文を表示します。初めての方は、練習用ページで気軽に投稿の練習をしてみてください。
タイトル
本文
写真屋カフカ
写真屋カフカ
山川直人
山川直人
あらすじ
写真屋奇譚、全十四編収録!! 公衆電話。紙芝居。銭湯…………… 時代にためされ、時代に負けたもの達。黒いハットに黒いマント。古いカメラをかまえては、時代の波にまにまに消えゆくものをフィルムに収める写真屋カフカ。その写真にはときどき、不思議なものが写る―――
写真屋カフカの情報の提供お待ちしてます!
掲載している内容の誤りや、この作品に関するおすすめの記事、公式情報のリンクなどはこちらからお送りください。みなさまのご協力をお願い申し上げます。

おすすめのマンガ

珈琲をしづかに

珈琲をしづかに

“大人”への憧れを抱く高校3年生の波多野貴樹(はたのたかき)は、長らく閉店していたはずの古びた喫茶店で、静かにカウンターに佇む年上の女性に心奪われる。どこかはかなげな「しづ」と呼ばれる彼女が気になってその喫茶店・ユカリに通い始めた貴樹は、店を訪れるさまざまな客とのふれあいを通じて少しずつ“大人”というものを知っていく――。 少年と年上の女性が織りなすほろ苦いラブ×グロウアップストーリー!

珈琲時間

珈琲時間

コーヒーがあるだけで、世界はこんなに美しい。「コーヒー」をモチーフにした芳醇な短編集。チェロ弾きの女性が出会った、怪しいイタリア人(?)。映画監督を名のり、コーヒーをたかる彼の振る舞いはいかにもうさんくさいが……?登校拒否の少女が一人暮らしの叔母を訪れ、いっしょに生豆を焙煎し淹れたてのコーヒーを味わう……。などコーヒーにまつわる様々な物語を17編収録。

僕はコーヒーがのめない

僕はコーヒーがのめない

コーヒーが飲めないという飲料会社の若手営業の花山。そして、花山の上司の加賀谷。二人が中心となってサードウェーブコーヒーのプロジェクトが始動します。しかし、花山には同僚にも言ってない秘密があったのです…最高級のコーヒーは「赤いダイヤ」とさえ呼ばれ、100g1万円を超える極上のコーヒーすら存在します。社内、社外のライバルや、よき仲間と出会いながら、コーヒーをめぐる珠玉のグルメ&サクセスストーリーが幕を開けます

月のテネメント

月のテネメント

大家代行の小学生・川久保かわせみは、家賃滞納を続ける喫茶店店主・三宅たたきを訪ね、下町の面影を愛する人々に出会う。レトロでオンボロな喫茶店から家賃は回収されるのか!? 少女達が珈琲と懐かしさをお届けします。

シリーズ小さな喫茶店

シリーズ小さな喫茶店

すべてのささやかなロマンは、その一杯から始まる。全国のコーヒー好きに愛読されつづけている不朽の名作『コーヒーもう一杯』の作者が、再び琥珀色のアロマ香る物語を描く。さらに甘く、さらに苦く、さらに味わい深く。コーヒーを巡る絶品の短編シリーズ、待望の」開幕。

コーヒーとボク 漫画家に挫折したボクが22歳で起業してコーヒー屋になるまで

コーヒーとボク 漫画家に挫折したボクが22歳で起業してコーヒー屋になるまで

著者相原民人は、実はマンガ家相原コージの息子。父のようにマンガ家を目指していたがうまくいかない…。そんな中、ある一杯のコーヒーを飲んだことで、その味に撃を受け、バリスタを目指すことに! このお話は、どこにでもいそうな一人の青年の煩悶と、夢の実現へ受けて仲間たちと悪戦苦闘する青春実録である。

缶コーヒーの女神

缶コーヒーの女神

教師との禁断の恋に悩む女子高生。その手に握られた缶コーヒーから、一人の少女が飛びだした!! ムトウと名乗るその少女は自らを「缶コーヒーの女神」だと言い張り、頼んでもない“癒やし”を開始するーー!!!!! 果たして、女子高生の恋はどこに辿りつくのか!? 他、全9話のエピソードを収録!!! 130円分の癒やしが貰える(?)、四人の女神たちによるハートフル・コメディ!!!!!