うずらの卵しか知らない人も多そうですが、うずらは可愛い鳥である。

本作は鳥類研究所でカッコウの卵孵化を研究で行う予定だったので、試しにうずらでやったら生まれたよという「うっずー」のお話。
そして割とノンフィクションの実話のようです。(うずら視点の部分は「きっとそう」だと思って読むといいです)

3巻しかないので割とすぐ読み終わってしまうんだけど、雑な紹介をすると「動物のお医者さん」+「いとしのムーコ」みたいな。
環境は前者、作風は後者に似たふんわりした感じで割と好きでした。

うずらは可愛いにコメントする
『うずらのじかん』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミ総合へ