吾輩の部屋である』が謎に好きだった私。
その著者の新作ということで手にとったが、これも最高だった。

そもそも『吾輩の部屋である』が、基本的主人公1人が悶々としながら独り言している会話劇?(会話じゃないが)が面白かったのだが、
本作も、基本フォーマットは同じで、犬と散歩しながら一人で話している構図。
それもたわいもない、自販機がどうのとか、この道は通ったの通らないだの、受験勉強がどうのとか、ホントにたわいもない話を延々とする。
それに犬のポン太がモノローグでツッコむ感じ。

たったそれだけのことなのに、すごい中毒性がある。

1話が短くて物足りなく感じるのも理由の1つだろうが、それ以上に著者の日常にあるちょっとした疑問などの着眼点が面白いからだと思う。
ガードレールのつなぎ目のルールとか、この本読まなかったら一生知らなかったと思う。

主人公・りえ子もちょっと残念というか、イタイというか、そこに加えてコミュ障なところもいい。
それに、ポン太が冷静にかつ鋭くツッコむの良い感じです。

時系列がバラバラで、各話いろんな時代のを断片的に描く形式なので、どこかの話とつながっているのも、また楽しいです。

まだ3巻ですが、謎の中毒性があって3回くらい通して読んでしまいました。

中毒性高い「散歩」劇にコメントする
『今日のさんぽんた』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミをもっとみる