主人公は大学時代「特美研」という特撮愛好サークルに所属していた実相寺という男。サークル員だった切通の訃報を受けて同期メンバーがお葬式で再会、冥福を祈るために作っていたスーツを出してきて…というところが1話。
起きたことだけを書くとこういう感じになるんですが実際は行間とか心情の情報量がすごくて何回か読み込んでしまった。
そして1話読んだ限りだとジャンルが不明すぎる…。こんなに「静」の山口漫画あるんだという感想でした。けどなんか面白そうな雰囲気がすごいというすごい1話。本当どうなるんだろう、楽しみ。

主人公は大学時代「特美研」という特撮愛好サークルに所属していた実相寺という男。サークル員だった切通の訃報を受けて同期メンバーがお葬式で再会、冥福を祈るために作っていたスーツを出してきて…というところが1話。 起きたことだけを書くとこういう感じになるんですが実際は行間とか心情の情報量がすごくて何回か読み込んでしまった。 そして1話読んだ限りだとジャンルが不明すぎる…。こんなに「静」の山口漫画あるんだという感想でした。けどなんか面白そうな雰囲気がすごいというすごい1話。本当どうなるんだろう、楽しみ。

主人公は大学時代「特美研」という特撮愛好サークルに所属していた実相寺という男。サークル員だった切通の訃報を受けて同期メンバーがお葬式で再会、冥福を祈るために作っていたスーツを出してきて…というところが1話。 起きたことだけを書くとこういう感じになるんですが実際は行間とか心情の情報量がすごくて何回か読み込んでしまった。 そして1話読んだ限りだとジャンルが不明すぎる…。こんなに「静」の山口漫画あるんだという感想でした。けどなんか面白そうな雰囲気がすごいというすごい1話。本当どうなるんだろう、楽しみ。

@名無し

わかる。語りの雰囲気とか妖しくて神秘的な感じですごく「静」。あのトゲトゲの吹き出しが一個もなくて驚いた。

設定的にはハニワットに近いものがあるなと思ったけどこっちはゴリゴリにシリアス(まああっちも一応シリアスだけども)で全然味わいが違くて面白い

主人公の名前は実相寺昭雄から取ったものなのかな?

主人公の名前は実相寺昭雄から取ったものなのかな?

@名無し

切通も居るからもしかしたら鎌倉縛りなのかとも思ったけど普通に考えたらこっちっぽいね

本当に何がどうなってるんだ!
camera

本当に何がどうなってるんだ!

本当に何がどう...
@toyoneko

ハニワットの「オレたち何を見せられてるんだ!?」へのカウンターみたいなフレーズだな

何がどうなってるのかはマジで一切わからんが面白いということだけはわかる…楽しい

スーツ繋がりで 「覚悟のススメ」が実は特撮だったという設定で作中作として出てくるとか 妄想しちゃうw

スーツ繋がりで 「覚悟のススメ」が実は特撮だったという設定で作中作として出てくるとか 妄想しちゃうw

@名無し

それアリなら衛府の七忍も出してほしい!

劇光仮面のカラー絵が新年の挨拶で公開されてた

劇光仮面のカラー絵が新年の挨拶で公開されてた https://twitter.com/gekiko_superior/status/1477088557735235584?s=20

劇光仮面のカラー絵が新年の挨拶で公開されてた https://twitter.com/gekiko_superior/status/1477088557735235584?s=20

@名無し

土鍋プリンみてえだ

3話の柱にあったあらすじと登場人物まとめた。

【この物語は・・・】
僕は何者でもない。僕は空洞で器に過ぎない。――それこそが僕の強さだ。そんな想いを胸に秘め、29歳の青年、実相寺二矢はアルバイトで日々を暮らす。

【登場人物】
●実相寺 二矢(じっそうじ・おとや)
主人公。29歳。大学時代「特撮美術研究会(特美研)」に所属。現在はアルバイト生活。

●切通昌則(きりとおし・あきのり)
大学時代、実相寺が所属した「特撮美術研究会(特美研)」を主催。29歳で死去。

●真理りま(まり・りま)
大学時代、実相寺と同じ「特撮美術研究会(特美研)」に所属。原罪はテカラトミー事業部勤務。

●中野考文(なかの・たかふみ)
大学時代、実相寺と同じ「特撮美術研究会(特美研)」に所属。原罪は神奈川県警勤務。

●成田一縷(なりた・いちる)
大学時代、実相寺と同じ「特撮美術研究会(特美研)」に所属。成田優作のひ孫で往年の特撮関係者の連絡先は実家のアドレス帳にほぼほぼ載ってる。

●狭山 章(さやま・あきら)
怪人の父。『覆面ヴァイパー』初期の改造兵士を作った美術造型家。実相寺らが大学時代に訪問した際は94歳で、若い頃に住んでいたという横須賀にいた。

特撮サークルの男が求めるのは「変身」にコメントする
『劇光仮面』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミ一覧をみる

このクチコミも読まれています

超楽しみな新連載が始まりました…!!!! どの読切もいつもめちゃくちゃ好きだった安彦晴先生がついに連載です!これからどうなっていくか楽しみでしょうがない! クラスの半分もいたイケメンが停学になった日にちょうど、美少女のような転校生が「男子校」にやってきて残りの陰キャたちがザワつく! が、陰キャゆえに!動かない!!動けない!! イケメン陽キャたちは二週間後には停学が終わり、登校し始めてしまう! この二週間はどうなるのか!? とりあえず、1日目は……何も起きず!!! なんだこれ!深美森羅(しんら)の正体も目的も1話目に分かるし、問題は陰キャたちですよ!! それぞれに自分こそが!と心に秘めているもののそれを表に出せるのか!? 声を掛けられるのか? 安彦晴先生は以前からもにょもにょした男子たちを描くのがめちゃくちゃ上手かった半面、女子をかわいく描くのも上手いので、嬉しいです! 『五月に隕石、六月には京都』も芋男子3人組と女子3人組の違う視点から違う事実が浮かび上がってきてよかったですよね~ https://twitter.com/haruabiko/status/1186732590595600384?s=20 『塾での平田』も陰キャの違う側面が垣間見れてしびれました! https://twitter.com/haruabiko/status/1258605099552657408?s=20 『狛犬送り』も超かわいくってもう最高だった~ https://twitter.com/haruabiko/status/1393158855937253379?s=20
ザ・シンデレラボーイズ
また読みたい
フォロー
1巻を試し読み