学校がそっちのけになるほどに漫画が大好きな、伊豆の島に住む高校生・安海相が、長らく音沙汰もなかった漫画家・☆野0(ホシノレイ)がコミティアで新作を出すという情報を手にし、初めて1人で東京に出向きます。そこで誰もが「自分で漫画を描いている」という事実に感銘を受け、そして念願の☆野と対面し、彼女の運命が動き出す…という1話でした。

彼女の学校の先生がとても厳しくて、とにかく漫画を全否定してきます。その割に出版事情に詳しかったりするので面白いなと思ってたんですけど、最後まさかの…いいですねこういう展開大好きだな〜!
アツい話になりそうで期待です。

Web掲載情報

これ描いて死ね

貸本
オークションで高額になる貴重なデビュー作が収録された古本
コミティア

漫画好きなら知ってる文化が1話の中に詰まっててよかった

好きなことって何があっても好きで、そのパワーは、果てしない。
そのパワーで周りを巻き込み❝漫画同好会❞まで設立。
そして、部員の3人は、ストーリーを考える人、絵を描く人、ダメ出しをする人って、原作者、漫画家、編集者に当てはまって、素晴らしい人選!
これから、どのように漫画を描いていくのか、どんな困難にぶち当たるのか、楽しみ♬

自分は絶対プロになるって強い気持ちが大事なのは分かるけど、それが漫画家になりたいから漫画描くになっちゃうと上手くいかないんだよな。

でもプロにならなくてもいいから好きなものを描き続けたいってのも茨の道なのか…。漫画ってムズイな。

赤福のキャラが良すぎるんよー
へびちか先生すら恐怖させる根拠なき圧倒的自己肯定パワー

本当は進級して後輩が入ってくる流れってあんま好きじゃない。今まで作り上げた楽しい部活の雰囲気がリセットされるから。でも今回は後輩が秒で馴染んでいつものノリになってたので安心した。

漫画大好き少女の成長物語にコメントする
user_private
これ描いて死ね
マンガ部ものの中でも大傑作なので絶対に読んだ方がいいです!
これ描いて死ね とよ田みのる
star
star
star
star
star
酒チャビン
酒チャビン
映えある漫画大賞2023に輝いた作品です。いちおう読んでおかないとマンガ好きとは言えないのかな、という気がしたのと、2巻までしかでていない手軽さも相まって読みました。 正直なんのマンガかもよくわかってないなかでのスタートですが、まごうことなき傑作ですね。少なくともわたしが読んできたなかでは最高クラスの面白さでした。 表紙の感じもパッとしない(関係者の方すいません・・・(⌒-⌒; ))ので全然期待はしてなかったのですが、これは読まずに死ななくて本当に良かったです。もう読んだのでいますぐ死んでも大丈夫なのですが、可能なら完結まで追いかけていきたいと思いますので、神様よろしくお願いします。 内容は、さわやか青春部活(マンガ部)もので、そういうのが好みの方はバッチリハマると思います!!少し専門用語(「コミティア」など)が出てくるのですが、わからない人にもさりげなく丁寧な解説がされてるので、マンガを描いたことない人でも大丈夫です! あと4コマとか1話完結ものっぽい絵柄ですが、それ系ではないので、そっちの方が好きな人はハンチョウを読んでください!
これ描いて死ね
祝マンガ大賞2023大賞!!
これ描いて死ね とよ田みのる
六文銭
六文銭
大賞受賞!純粋に嬉しい! 最終選考まで残ったけど、 他のノミネート作品と比べると、絵柄も題材も地味だし(超失礼)、大賞はダメだろうなぁとか勝手に思っていただけに、大賞受賞の情報に興奮して、思わず ヘグッ! ってなりました!! 作家さんも好きな人だっただけに、めっちゃ嬉しい。 内容は、ざっくり言うと漫画家マンガ。 主人公は娯楽の少ない離島に住んでいる女子高生。 そんな彼女の楽しみは、とある作家の漫画。 その漫画のおかげで文字通り人生が代わり、彼女にとっていつしか憧れの存在になる。 しかも何度も読んでいるから、しまいにはイマジナリーフレンドとして、漫画のキャラと妄想的に会話をする始末。 そしてある日、長い間作品を発表してこなかった憧れの作家が、コミティアに参加することを知り、矢も盾もたまらず会いに行く。 すると会場にいたのは、まさかの・・・?という展開。 ここまで読んで、漫画に人生変えられた人は共感必至なのではないでしょうか? 私事ですけど、自分は主人公とすごく重なりました。 自分も田舎出身で漫画しか娯楽がなく、漫画のキャラをイマジナリーフレンドとして都度勇気をもらい、崇拝する作家にどうしても会いたくてサイン会に東京まで行く、そんな時代を思い出してしまい共感しかなかったです。 絵柄にクセがあるのですが、題材とマッチしているし、個々のキャラが感情表現豊かで読んでいてい温かみを感じます。 言葉選びの表現も秀逸で(添付のコマ)、思わず唸ってしまいました。 「漫画に人を感じたい」 ホントにその通りだし、それを体現している漫画だと思います。 漫画、創作、表現することの素晴らしさを随所に感じさせてくれる作品です。 本作が、マンガ大賞とる時代で良かったなーとつくづく思いました。
これ描いて死ね
「創作」のはじまり
これ描いて死ね とよ田みのる
star
star
star
star
star
Nano
Nano
裏表紙見て「コミティアってがっつり書いてある!?」と思って読んでみたけど、良いですね…。コミティアが協力されてるのね…。 島暮らしの女子高生相ちゃん。漫画好きといっても私とは年齢も環境も違うし、共感することはないかなぁなんて最初は思ってたんですが、大好きな作家さんの10年ぶりの新刊、しかも先生の手売り、行くしかない!!そして会場に入って「こんなにたくさんの人が自分の作った本やグッズを売っているのか…!!」と圧倒される。わかりみしかない…!! 憧れの対象だった漫画が自分でも描けるんだと分かる瞬間、たまらないです。こうやって人は創作を始めるんだなあ…。自分と重ね合わせて、懐かしい気持ちになりました。推し作家さんが神にしか見えなくて言うこと聞いちゃうのもめちゃくちゃ分かる。本当に神だもんね…! 相ちゃんの初めて描いた漫画。粗削りだしツッコミどころも多いし、いいところなんて…。けど読ませる力がある。一週間でノート一冊分描き切る力がある。純粋に好きだという気持ちで描きあげている。そういうのが私にも伝わってきて、先生と一緒に泣きそうになりました。 2話まで読んだだけだけど、良さしかなかった。とりあえず現在出てる単行本まで追いつこうと思います。創作っていいな~~。
shopping_cart
ストアに行く
common/store_amazon.png
common/store_ebookjapan.png
common/store_dmm.png
common/store_booklive.png
common/store_cmoa.png
common/store_bookwalker.png
common/store_renta.png
common/store_honto.png
common/store_ameba.png
add
本棚に追加
本棚から外す
読みたい
積読
読んでる
読んだ
この作品のお気に入り度は?
close
星をタップしてお気に入り度を入力しましょう
star_border
star_border
star_border
star_border
star_border
メモ(非公開)
以下のボタンから感想を入力することができます(別ウィンドウが開きます)
感想を投稿
完了する
notifications
フォローする
メモを登録
close
メモ(非公開)
保存する
お気に入り度を登録
public
star_border
star_border
star_border
star_border
star_border
repeat
また読みたい
menu