とある女性の失踪事件に関して取り調べを受ける引きこもりの男・岸田。
死体も証拠も何もないと余裕を見せていたが、徐々に事件の真相が明らかになっていき……。

画力も展開も凄すぎる。ずっと緊張感を保ったまま最後まで読み切ってしまった。
描かれている事柄や言葉すべてに無駄がなく、すべてが詳らかになった瞬間に気づく悪魔の恐ろしさ。
フィクションというタイトルもまた素晴らしい。結局、どこからどこまでがフィクションだったのか。

ぜひ読んでほしい。ぜひ悪魔に出会ってほしい。

この物語はフィクションですにコメントする
『フィクション』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミ一覧をみる
また読みたい
フォロー