一番下のコメントへ

猫背を伸ばして』『ピコピコ少年』などで著者の作品にちょいちょい出てくる作者のお母様のお話。

パンチパーマ姿で口うるさく、破天荒ながらも、
時折真理をついてくる金言の数々に胸うたれ、
押切蓮介の母」ファンも多かったと思います。
実は、 私もその一人です。

本作の内容は、母の若かりし頃のお話。
意外にも母は、父親は警察署長、母親は老舗旅館の女将の娘という、
みるからに良いところの家育ち。
躾に厳しく、それが息子である著者にも口うるさくなっている部分だったのかと納得しました。
母親の母、著者にとっては祖母にあたる方から、連綿と続く人生哲学ともいえる価値観は純粋に良いなぁと思いました。
そうやって、行動指針、習慣は受け継がれていくんだなとシミジミ思いました。

ネタバレになるので詳細は控えさせていただきますが、
家庭環境など、なかなかの波乱万丈な人生で、結果として何事にも動じない、ほろ苦い「人生の味」を滲み出すようになったのかと納得できます。

最後の母の手紙(おそらく直筆)は、
その人生の過程を想像し涙を誘います。

なにはともわれ、母(母の母も)は偉大だと痛感しました。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー