一番下のコメントへ

3巻まで読みました!
なんとも鬱なタイトルですが結構好きな本です。
誰しも死は避けて通れません。しかもこの晩婚化社会、増える単身生活、少子高齢化。誰でも孤独死する可能性はあります!

事の起こりは主人公の叔母が孤独死し、風呂場でスープになって発見され、こんな風になりたくないと思うところからスタートします。
(人間スープ、コミカルな絵で描いてあってもなかなかショッキングです…)
単純に死ぬ事を考えると鬱になりますが、清掃業、葬儀代、お墓、などなど死ぬのにも金がかかります。
しかも必ずしも健康なままひとりポーンと死ねる場合も少ないため、親の老後を親に考えさせる。というなかなかハードな話も出てきます。

この漫画の一番いい点は重い話をしているのにネコチャンが出てきたり変顔したりして全く暗い気持ちにならないところですね。むしろ天才かって思うほど崩し絵が上手いです。

死を考えることは、死ぬまでどう生きるかを必死に考えることにつながります。
変な自己啓発本読むよりこの漫画を読め!という気持ちです。

コメントする
『ひとりでしにたい』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミ一覧をみる

次のクチコミ

前のクチコミ

このクチコミも読まれています

意外と共感指数高めの新連載
user_private
名無し
約1ヶ月前
カレー沢先生の人と目を合わせないことへの確固たる執念が感じられた。 なんだかんだ言っても現在進行系で連載掛け持ちしてるしすごいと思う。 空き缶とかタブレットの汚れとかが事実であれば相当だと思うけど、けっこう「これ私じゃん」みたいな人居るみたいですね。 担当さんが見つけてくれた病院で、治りはしなくてもましになればいいですね!
だが断るネコさ...
まっすぐなタイトルの新連載
user_private
名無し
約2ヶ月前
「きみにかわれるまえに」と基本的なテーマは同じ新シリーズというかんじでしょうか。 ここ1年、在宅時間が増えたことでペットを飼い始める人が急増したものの、実際飼ってみると思ったほどラクじゃなかったなどというような理由で保健所に連れてこられるペットも増えているという事実があるんだと思います。 佐山さん「犬を捨てる奴はリアル犬死にする会」で頑張れ!
いきものがすきだから
また読みたい
フォロー