フィーヤンらしい新連載だなと思いました!
始まり方のインパクトが凄くて絶対面白い漫画ですよこれ!
口には出してないものの、完全に舐めてくる男に対し「うんこたれがよ」って言っちゃう主人公好きすぎる…あと地味に同僚の女性も好き。

唐突に現れた「運命の相手」を名乗る元同級生・正木がまたクセつよつよ男なので先の展開が読めない。でも楽しみ〜

フィーヤンらしい新連載だなと思いました!
始まり方のインパクトが凄くて絶対面白い漫画ですよこ...

怪我が性格を変える大きな転機だった可能性高そうですよね。明らかに監視を受けてるっぽいのにリスクを犯してでも情報を伝えようとしたことから、聲の形の将也みたいな感じで全然違う人間になったのかなという印象を受けました。

たいら太郎がテレビの音を大きくして依知さんとの距離を詰めたから、蒔人さんは依知さんが襲われると思って奇声を出したのかな。客観的にはトンチンカンだけど、そう思うと好感がもてる。
子どものときやポスターの亜弦太郎はただ生意気な感じだけど、依知さんと話している時のたいら太郎の表情を見ていると、同じ顔なのに悪い人には見えない。
蒔人さんが霧疾患で入院したら(内部生の精密検査だと、恵波さんとは違うフロアになってしまうかもしれないけど)依知さんか蒔人さんが恵波さんと接触するチャンスはちょっとできそう。
壱・みゆきコンビも、縛られているものから解放されて、自分の意思で未来を選べるようになってほしい。たいら太郎がいい人だとしても力は限られていると思うけど。
仙崎は「亜弦さーん」と呼んでたし学園関係者。もと同級生? 怪我が原因かどうかわからないが、ボス猿の座から転落した亜弦太郎を支配しているとか?

>依知さんが襲われると思って

普通にセクハラの距離と態度だから注意したんだと思う

出た、拝田!撒人さんの遺伝上の父親だよね。(似てるし)
拝田にとって依知さんは理想的なデザイナーズベイビーだったから、第二号の壱(わんちゃん)を作ったのかな。だとしたら、依知&壱は遺伝子的には全く同じなのかも。
しかし、ひとを監禁するのが好きな病院だな。依知さんも撒人さんも監禁されちゃうの?
恵波さんを監禁したのは亜弦のクズ親父の権力でしょうね。依知ファンの看護師さんが会わせてくれたらいいんだけど。
たいら太郎が依知さんを付き添えるようにしたのは、監禁するためなのか、恵波さんに近づけるためなのか。そして、亜弦親父は、たいら太郎の「まったいら、ジェンダーフリー」と真っ向から対立するはずだけど、その政策大丈夫なのかな。「たいら」姓になって、「亜弦」とは縁が切れたのか、それとも、「まったいら、ジェンダーフリー」も偽装で、また手のひら返しするのか?
たいら太郎が義足になって、社会的弱者の立場に立てるようになったというのはありそうだし、今は悪い奴には見えないけど、本心はどこにあるのか。
撒人さんの「それは間違いなく君の脚だろ」が良かった。彼が中立的な感じで物を言う時、ときどき感動してしまう。社交辞令を言わない人だからだろうな。
いろいろ面白かったし、核心に迫っていく感じが快い。来月も連載が続くのもうれしい!

学生時代に怒るべきことを笑いに変えてしまった後悔からかもしれないけど、依知さんの表情は嫌悪、怒り、でなくても真面目な顔などがほとんとだった。わんちゃんはまだ無邪気なせいか「えへへ」という笑顔が多いのと対照的。でも、今回、看護師さんとの会話で嬉しそうな顔になったのを見て、こちらもちょっと嬉しくなった。依知さん、恵波さん、蒔人さん(彼もいつも眉間に縦皺が寄っている)が本当に笑顔になれるように。たいら太郎もいい人になったなら素の笑顔になれるようにと願う。

撒人じゃなかった。蒔人でした。

亜弦親父は、太郎が義足のリハビリをしているとき、どこか体が悪そうだった。息をはずませていたし杖をついていたし。もしかして自分の余命が長くないことを知っていて、太郎のリハビリを急いだのかもしれない。そして、今現在は亜弦親父は生きていなくて、だから「亜弦太郎」ではなく「たいら太郎」なのかもしれない。「たいら」は母方の姓なのか、あるいは養子先の姓なのか。あの親父が生きていないとすれば、そして面倒な番頭みたいな人たちとか後援会とかなければ、「まったいら」も可能なのかな。妄想ばかりですみません。

亜弦は本当の箱入りで、そのせいで事故に遭うまであの学園の異常さにも父親の異常さにも、自分のおかしさにもずっと気付かなかったんだな…

蒔人が抱えるいじめのPTSDの酷さは想像以上だ、、、
初等科から高等部まであの環境にいたらそうもなるよな

内部生が全員デザイナーズベビーなら内部生同士でいじめが起きたら困るよね。顧客である保護者の所有物に精神的物理的傷がつくわけだから…なんでイジメを放置してたんだろう?

蒔人はどうやらデザイナーズベビーではなさそうだから、それを知る学園関係者が放置するのはわかる。でも恵波はなんで…?恵波って外部生だっけ?

恵波は外部生です。なのに内部生より優秀なので、あらぬ疑いをかけられたりしていました。

内部生って全員異様に顔が整ってて、それは富裕層や高学歴の人間は美男美女と結婚しがちだからだと思ってたけど、親がデザインした顔だからだったのか、、、

現在の外部生(みゆきちゃん)のように、行き場がない子は、親も何も言えなそうですしね。恵波さんも、15年も監禁されているということは、親も手が出せないか、またはすでにいないのかもしれないと思いました。
でも、内部生同士のトラブルだってあるかもしれませんよね。デザイナーズベイビーとはいっても人形ではなく、感情はちゃんとあるのですから。男の子たちは全員内部生ということですし、その全員が仲がいいとも思えません。そういうとき学園はどうするんでしょうね・・・親の寄付が多い子の味方をするのかな。
前に、依知さんがスカートを汚した時、恵波さんやほかの友達で囲んで隠して、屈託なく笑いながら帰って行ったシーンがあり、外部生も内部生もない感じでいいシーンでした。

女の子たちの団結シーンは素敵でしたね…!

親の寄付が多い子の味方をするのかな。
この学園なら全然ありそうな気がします。

このコメントでハッとしたのですが、男子が全員内部生ってことは、現実世界と同じで親は女子より男子を欲しがってるってことなのか…と気づいてゾッとしました

遺伝子の多様性のためだけに優秀な女子だけ外部生の入学を許しているとかだったら怖い

いつか壱が「プランB」(リーダー的な人材になるプランAに対して、優秀な子どもを産む方)を先生から勧められていました。女の子の内部生でプランAがどのくらい見込まれているのかわかりませんが、外部生はほぼ、子供を産むため、または内部生にはない優秀な遺伝子パターンを増やすために集められているという気がします。そして、なんらかの水準に達しない内部生の女の子は「プランB」を勧められる、と。
もしかすると受精卵はデザイン済で、ただ出産に耐えられる体を求められているのかも。恵波や幸ぐらい優秀だったら遺伝子も採用?されるのかもしれませんが。
そして、外の世界を知っている外部生が内部生に影響を与えないように初めは離されていて、一緒にした後も外部生は差別的に扱われているのかなと思います。制服のリボンの形もちがうし、室内着もちがうみたいだし(これはたまたまかもしれませんが、依知と壱はフリルやリボンのついた室内着で、恵波と幸はTシャツと短パンでした)。見た目もわかるように、また自分でも意識するようにさせられているのかもしれません。

蒔人は折り紙で休憩時間を過ごしているうちに紙フェチになったのだろうか(和紙の折り紙だったらいい匂いがするし)
ほんとうは、折り紙が女の子の遊びだというのは大間違い。折り紙の強度は工学的にも研究されているのだから。まあ、亜弦ガキ大将とその手下では、そんなことは思い及ばないだろうけど。

依知自身がデザイナーズベイビーだというのが本当なら、そもそも同じDNAということもありえますね。
ジーンブライドのときは依知はチョコレートを食べていて、DNA採取はできなかったといっていました。そのあとで採取されたなら別ですが(そのあとのときに、拝田が「君は特別な女の子だ」と言ったのでしょうか)

たいら太郎の挫折と苦悩がよくわかる回だった。でも、選挙に出るようになって顔が外に出ているとはいえ、蒔人や依知に会ったのは偶然。会わなかったら蒔人に謝罪するチャンスはなかったかもしれない、というのはちょっとひっかかる。蒔人に日記を返したし、録音されていても過去のことを話した、ということは、過去のいじめを告発されて政治家になれなくなっても、潔く受け止めるつもりでいた、ということだろうか。
片足が義足になった原因がまだ、事故としかわからないけど、もう少し知りたい気がする。
蒔人の言うことはいつもぶっきらぼうで飾りがないけれど、真実をついていると思う。「覚醒には痛みが伴うものだが、その痛みは流石に行き過ぎだ」「いじめのカウンセリングを受けるべきなのは加害者だ」「きみはきみ自身の話を医者にべらべら話せ」などなど、いいことを言うなあと思う。(自分がべらべら話しているという自覚があるのは笑えたけど)
依知は、デザイナーズベイビーを作るという名目で、拝田に近づくつもり?
「エコーインサイドでしごとしててよかった」と喜んでいるけど、それより、「いい仕事をしていたのが報われた」と感じてもいいところだと思う。
恵波はどこの病棟にいるんだろう? 産婦人科ではなさそうだけど。
いろいろ気になるけど、次号はお休みですね。

蒔人は触覚や聴覚などの感覚が過敏な人なんだな。でも、依知と同じヘッドホンを使うのは平気?
拝田もそうだとしたら、弱点にならないかな、と思った。医師、それもデザイナーズベイビーを作るなら細かく神経を使う性格でないと務まらないだろうし。

いじめにおいて、カウンセリングを受けるべきなのはむしろ加害者であるとはっきりと書いているのはすごいと思った

亜弦と蒔人。被害者と加害者の和解…というか意見交換がああいう形に収まると思わなかった。

蒔人はこだわりが強かったり神経質な一方で論理的にはサッパリしすぎなほどサッパリしてる。

そこが悪く映ることもあれば、今回みたいに相手にはありがたいこともあるんだね。

というか、デザインした息子が脚切断する怪我してブチ切れるってまじでどういうこと…?この世界の金持ちの親の感性がわからん

怖い・・・「処置」されるとどうなっちゃうの?
妊娠させられるとか、記憶を消されるとか・・・?
いずれにせよ、今の状態よりさらに自由度が下げられそう。恵波に会えるんだろうか。

紙フェチの蒔人が製紙会社で、しかも大手というのは、「ただの人」であってもなかなか。彼は自分の好みや癖を生かして、好きな仕事につけたっていうことだし、こだわりや癖を除くと結構優秀な人なのかも。
二人は着替えていたけど、私物は身近にあったのかな。退院したり許可をもらって着替えたとも思えない。
たいら太郎が恵波のいるところを詳しく知っていたのはなぜ?ジーンブライド当日に欠席したけど、恵波はたいら太郎の「運命の相手」に認定されていたのだろうか。
響さんとか武智さんとか、たいら太郎とか、周囲の人が心配して二人を救い出してくれるといいんだが。

【確定】
壱として登録されている顔認証・指紋認証データを依知が使えた
→依知と壱はDNAが同じ

【考察】
・実子を内部生にしたいカップル向けの説明会に使われる資料に依知の写真が使われている
→学園を代表する「特別な女の子」だから?

・事あるごとに幕人は依知は学園時代から一切変わっていないと主張している
→「特別な女の子」は成長期をすぎると老化しない?

【確定】
壱として登録されている顔認証・指紋認証データを依知が使えた
→依知と壱はDNAが...

諫早依知と壱。
イロハの「い」、数字の「いち」が名前に入ってるのは「特別な女の子」だからってことなのでしょうか。

最新話を読んで、あんな研究施設で生まれてくる子供なら無機質な名付けをされてておかしくないなと思いました。

ビデオに「いさはやいち」の顔が出てきたけど、どうして「いさはやいち」なんだろう?
私にとっては依知も壱も、内部生として最高だけど、デザイナーズベイビーとしてだったら、リーダーシップをとる男の子を出しそうなもの。または、内部生カップルとか。
依知は退学してるし、恵波とルームメイトになってから成績が上がってきたということがあったみたいだし、壱にも、数学の成績がずっと上らしい「はるかちゃん」という友達がいた。たぶん、内部生の女の子で、客観的には「いさはやいち」より優秀な(自分が、または子どもを産む強靭な存在として)子はいたんじゃないかと思う。
しかも同じ遺伝子の「いさはやいち」を二度も作っているというのもひっかかる。
「いさはやいち」は、サイコドクターっぽい拝田の理想のタイプなのかな。拝田は依知を何らかの意味で自分のものにして置いておきたいとか思っているような気がする。研究対象か自分に従う異性としてかわからないが。闇が深そう。
依知と壱の両親の姓はどうなってるんだろう。まさか、希望した子どもの遺伝子に合わせて改姓なんてできないだろうし、たまたま同じとも思えない。全く出てこないけど、依知の両親はどこで何をしているんだろう。

ビデオに「いさはやいち」の顔が出てきたけど、どうして「いさはやいち」なんだろう? 私にとっては依知も壱も、内部生として最高だけど、デザイナーズベイビーとしてだったら、リーダーシップをとる男の子を出しそうなもの。または、内部生カップルとか。 依知は退学してるし、恵波とルームメイトになってから成績が上がってきたということがあったみたいだし、壱にも、数学の成績がずっと上らしい「はるかちゃん」という友達がいた。たぶん、内部生の女の子で、客観的には「いさはやいち」より優秀な(自分が、または子どもを産む強靭な存在として)子はいたんじゃないかと思う。 しかも同じ遺伝子の「いさはやいち」を二度も作っているというのもひっかかる。 「いさはやいち」は、サイコドクターっぽい拝田の理想のタイプなのかな。拝田は依知を何らかの意味で自分のものにして置いておきたいとか思っているような気がする。研究対象か自分に従う異性としてかわからないが。闇が深そう。 依知と壱の両親の姓はどうなってるんだろう。まさか、希望した子どもの遺伝子に合わせて改姓なんてできないだろうし、たまたま同じとも思えない。全く出てこないけど、依知の両親はどこで何をしているんだろう。
@魚が好き

確かに男尊女卑がまかり通っている学園の体質を考えると、デザイナーズ・ベビーの象徴といってもいいモデルに女子を選ぶのは違和感がありますね

蒔人のお母さんが言っていたように記憶を操る技術があるなら、依知は「自分には両親がいる」と思い込む処置を学園時代に施されているのではないでしょうか

今月号を読んでいると、デザイナーズベイビーを希望する内部生カップルがいますよね。おそらく高いお金を払って子どもを作るわけですから、学園を卒業したら、希望した両親のところに返されるのではないかと思いました。卒業していきなり独立してしまったら、両親にはなんのメリットもないので。
亜弦なんかは明らかに父親がいて、期待をこめて育てられていますよね。そして、中等部の入学式では、亜弦も蒔人も隣に親が座っていたので、依知もそうだったのかなと。
また、記憶を操作するとしても、ある記憶を消すのはできても、ない記憶を作って植え付けるのはむずかしいかな、と思いました。
依知も、「16歳ぐらいのときに母親が妊娠している(壱をみごもっているかもしれない)気配はなかった」と言っていたので、デザイナーズベイビーを希望した親には会っているのでしょう。
そんなわけで、まだ一度も出てこない依知の両親って? と気になりました。

入学式に蒔人ママいましたね!なるほど納得です。

すると依知は、他の内部生と違ってデザイナーズ・ベビーの依頼者(親)を持たない研究目的の最高傑作の個体とか…?
そして幼少期から母親だと認識し続けてる人物は、用意された偽者(役者や研究者)とかでしょうか…依頼者が居なければ返す必要がないですよね。

依知が特別な個体なら研究所は手放したくないでしょうし、母親だと思っていた存在は血縁者ではなく監視者なのかも…全寮制なら週末や長期休みなどでしか親と合わないですし。

もし依知に両親がいるならそのどちらかは学園出身者で、そんな親が果たしてライターという社会的地位や収入が決して高くはない職に就くのを許すか…?というのも疑問です。

そもそもこれだけ自分の出生に関わる事件に遭遇して、親に連絡を入れないってメチャクチャ怪しい!
全部妄想ですが、今のところ両親偽物説推しです笑

イチおばさまが元祖で理想像だったのか・・・学園長の執着が気持ち悪い。
みゆきは文句なくかっこいいけど、壱もたいしたもの。もしかしてみゆきも附属病院に送られてしまうのだろうか。4人と蒔人で脱出劇、ならいいけど。

内部生への手紙が厳しく制限されているというのは想像できることだけど、外部への発信は大丈夫なのかな。壱は外へ出たことがないということだったけど、蒔人への手紙はどうやって投函したんだろう。

あ。西奈先生は、諫早依知も諫早壱も知っているということになる。それについて何か思うところはあるのだろうか。それとも、すべてを知っていて、納得ずくなのだろうか。

内部生とあちゃんやはるかちゃんの協力が得られてよかった。
霧のゆりかごを提案した議員と、それを聞いて喝采している中高年オヤジたちがグロテスク。でも本当になりそうで怖い。
女性の社会進出を「男」だといって、子どもを産むようにするのが「正しい教育」だとかいう発想、もはや先進国でも民主主義でもない。
意外だったのは依知が目覚めたとき蒔人がそばにいたこと。てっきり引き離されたと思っていた。依知ファンの看護師さんの計らい?
壱がもし卒業(実験成功)したら、依知は消されてしまわないか心配。イチおばさまは不幸で、学園長は身代わりに裕福で「幸せ」な人生を歩ませたいと思ったのだろうか?
それにしても読者の皆さまの考察(依知の名前の意味など)の鋭さ、読みの深さには感嘆しかありません。

学園長も物腰の柔らかそうな雰囲気に見えるけど相当やばい思想の持ち主なんだろうし、逆らう者がでたときどうなるか考えると怖いな。

依知の遺伝情報が最初から決まっていたものなら、ジーンブライドのために唾液をとられなくても、「相性のいい」相手は選べただろうし、最高の遺伝情報として作られたなら、相手は「普通の人」である蒔人でなくてよかったような気もする。それとも、蒔人は体はいろいろ弱いし性格も癖があるけど、能力的にはほかの男の子たちに劣らないものをもともと持っていたのだろうか。または父親が拝田だから?
蒔人がフェアな人なのはわかるけど、学園側はそんなことは優れたものと認めないだろうし。

「す」のつく言葉で言ってくれ【電子限定かきおろし付】

「す」のつく言葉で言ってくれ【電子限定かきおろし付】

ナルシストな元生徒会長・北橋の悩みは、自分のことが「好き」(に違いない!)な生徒会の後輩・乙坂が告白してこないこと。乙坂の大学進学を機に同居が決まり、いよいよ告白か!? と思いきや、乙坂に「ゲイ仲間」だと勘違いされる事件が発生!? 更に、恋愛対象外宣言までされてしまい――!? 本心が見えない謎多き後輩×妄想気質な愛され系会長のハイテンション&ピュアな恋愛奮闘記! 《電子限定の描き下ろしページも追加収録!》
私の少年

私の少年

この感情は、母性?それとも--。スポーツメーカーに勤める30歳、多和田聡子は、夜の公園で12歳の美しい少年、早見真修と出会う。元恋人からの残酷な仕打ち、家族の高圧と無関心。それぞれが抱える孤独に触れた二人は、互いを必要なものと感じていく--。「このマンガがすごい!2017「<オトコ編>第2位! 年齢や立場の違いを超えた二人の交流を描く話題作!! ※本書は双葉社より配信されていた『私の少年 1巻』と収録内容に変更はございません。重複購入にご注意ください。
つらなるステラ

つらなるステラ

「演技なら俺とも寝れる?」演技派俳優×国民的アイドルの芸能界ラブストーリー!! [私の少年]の高野ひと深が贈る圧倒的に美しいBL短篇集。5年前に国民的アイドルグループ“ADORE5(アドレス)”を脱退し、現在は演技派俳優としてスターダムを駆け上る三苫蒼馬(みとまあおば)。ADORE5のセンター・森高央司(もりたかおうじ)の超絶ファンなのは秘密の話だ。そこへ、ADORE5解散のニュースが流れ、央司がお忍びで蒼馬の家にやってきた。憧れの央司が自分を頼ってきたことに戸惑う蒼馬だが、央司は「蒼馬って俺の事好きだったろ? 俺を抱ける?」と蒼馬に迫り――?([つらなるステラ]) 大注目作家・高野ひと深の未収録BL読切りを5本すべて収録した極上短編集。表題作の描き下ろし後日談8Pも収録! 同時収録:[MILK][逃げなずむならよる][レユニオン・ドラマの場合][おとなりから笑い声]
東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ

【講談社販売部驚愕!空前の重版!】実写映画化で話題!『新宿スワン』作者の和久井健が贈る、最新巨編!!ダメフリーター花垣武道は、ある日ニュースを見ていると、最凶最悪の悪党連合”東京卍會”に、中学時代に付き合っていた人生唯一の恋人が殺されたことを知る。壁の薄いボロアパートに住み、レンタルショップでバイトしながら6歳年下の店長にこき使われる日々。人生のピークは確実に彼女がいた中学時代だけだった……。そんなどん底人生まっただ中のある日、突如12年前へタイムリープ!!恋人を救うため、逃げ続けた自分を変えるため、人生のリベンジを開始する!!【各方面から称賛の声!!】2017年の新連載で1番売れたサスペンス漫画!&2017年の新連載で1番売れたタイムリープ漫画!!LINEマンガ総合ランキング1位獲得!!ホリエモンが選ぶ今読むべき漫画11選ノミネート!!鈴木達央 VS. 島崎信長!? 一人三役で熱い掛け合いをした最新PVがYoutubeで公開中!!「鈴木達央 島崎信長 東卍」で検索!!
アイアムアヒーロー

アイアムアヒーロー

鈴木英雄。35歳。漫画家のアシスタント生活。妄想の中でしか現実に勝てず、そんな自分に付き合ってくれる彼女との仲にも、不安と不満が募る。だがある日、現実の世界が壊れ、姿を変えていき…!?異才・花沢健吾による極私的サバイバルパニックホラー!!
ゴルゴ13

ゴルゴ13

すべてが謎に包まれている男・ゴルゴ13。フィクションの背後に光る恐るべき事実……ゴルゴ13が放つ銃弾の軌跡が、世界の濁流の行方を左右する!!英国諜報部は、大戦末期に莫大な偽札を隠匿した元ナチの親衛隊長を消すためにゴルゴ13を雇った。要塞化した城で待っていたものは!?
【推しの子】

【推しの子】

「この芸能界(せかい)において嘘は武器だ」 地方都市で、産婦人科医として働くゴロー。芸能界とは無縁の日々。一方、彼の“推し”のアイドル・星野アイは、スターダムを上り始めていた。そんな二人が“最悪”の出会いを果たし、運命が動き出す…!? “赤坂アカ×横槍メンゴ”の豪華タッグが全く新しい切り口で“芸能界”を描く衝撃作開幕!!
娘の友達

娘の友達

家庭では「父親」として、会社では「係長」として、「理想的な自分」を演じるように生きてきた主人公・晃介。だが、娘の友達である美少女・古都との出会いにより、彼の人生は180度変化する。社会的には「決して抱いてはいけない感情」に支配されながらも、古都の前では自己を開放でき、社会の中で疲弊した心は癒やされていく……。「社会」のために「自己」を殺す現代社会へ鋭く切り込む、背徳のサスペンスが幕を開ける。
神々の山嶺

神々の山嶺

エヴェレスト初登頂の謎を解く可能性を秘めた古いカメラ。深町誠は、その行方を追う途中、ネパールで“毒蛇(ビカール・サン)”と呼ばれる日本人男性に会う。彼がネパールに滞在する理由とは!? そして、彼の正体とは…!? 巻末に、夢枕 獏[『神々の山嶺』漫画版によせて]+谷口ジロー[もうひとつの山嶺]収録
血の轍

血の轍

「惡の華」「ハピネス」「ぼくは麻理のなか」「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」など、傑作を次々と世に送り出してきた鬼才・押見修造氏が、ついに辿り着いたテーマ「毒親」! 母・静子からたっぷりの愛情を注がれ、平穏な日常を送る中学二年生の長部静一。しかし、ある夏の日、その穏やかな家庭は激変する。母・静子によって。狂瀾の奈落へと! 読む者の目を釘付けにせずにはおけない、渾身の最新作!!
ゴールデンゴールド

ゴールデンゴールド

福の神伝説が残る島・寧島で暮らす中2の少女、早坂琉花。ある日、海辺で見つけた奇妙な置物を持ち帰った彼女は、ある「願い」を込めて、それを山の中の祠に置く。すると、彼女の目の前には、“フクノカミ”によく似た異形が現れた――。幼なじみを繋ぎ止めるため、少女が抱いた小さな願いが、この島を欲望まみれにすることになる。
宇宙兄弟

宇宙兄弟

2025年。兄は、もう一度だけ自分を信じた。筑波経由火星行きの物語がはじまる!本格兄弟宇宙漫画発進!幼少時代、星空を眺めながら約束を交わした兄・六太と弟・日々人。2025年、弟は約束どおり宇宙飛行士となり、月面の第1次長期滞在クルーの一員となっていた。一方、会社をクビになり、無職の兄・六太。弟からの1通のメールで、兄は再び宇宙を目指しはじめる!
SPY×FAMILY

SPY×FAMILY

名門校潜入のために「家族」を作れと命じられた凄腕スパイの〈黄昏〉。だが、彼が出会った“娘”は心を読む超能力者! “妻”は暗殺者で!? 互いに正体を隠した仮初め家族が、受験と世界の危機に立ち向かう痛快ホームコメディ!!
BLUE GIANT

BLUE GIANT

ジャズに心打たれた高校3年生の宮本大は、川原でサックスを独り吹き続けている。雨の日も猛暑の日も毎日毎晩、何年も。「世界一のジャズプレーヤーになる…!!」努力、才能、信念、環境、運…何が必要なのか。無謀とも言える目標に、真摯に正面から向かい合う物語は仙台、広瀬川から始まる。
ゴルゴ13

ゴルゴ13

すべてが謎に包まれている男・ゴルゴ13。フィクションの背後に光る恐るべき事実……ゴルゴ13が放つ銃弾の軌跡が、世界の濁流の行方を左右する!!英国諜報部は、大戦末期に莫大な偽札を隠匿した元ナチの親衛隊長を消すためにゴルゴ13を雇った。要塞化した城で待っていたものは!?
違国日記

違国日記

【電子限定!雑誌掲載時のカラー原画を特別収録!】35歳、少女小説家。(亡き母の妹) 15歳、女子中学生。(姉の遺児) 女王と子犬は2人暮らし。少女小説家の高代槙生(こうだいまきお)(35)は姉夫婦の葬式で遺児の・朝(あさ)(15)が親戚間をたらい回しにされているのを見過ごせず、勢いで引き取ることにした。しかし姪を連れ帰ったものの、翌日には我に返り、持ち前の人見知りが発動。槙生は、誰かと暮らすのには不向きな自分の性格を忘れていた……。対する朝は、人見知りもなく、“大人らしくない大人”・槙生との暮らしをもの珍しくも素直に受け止めていく。不器用人間と子犬のような姪がおくる年の差同居譚、手さぐり暮らしの第1巻!
【推しの子】

【推しの子】

「この芸能界(せかい)において嘘は武器だ」 地方都市で、産婦人科医として働くゴロー。芸能界とは無縁の日々。一方、彼の“推し”のアイドル・星野アイは、スターダムを上り始めていた。そんな二人が“最悪”の出会いを果たし、運命が動き出す…!? “赤坂アカ×横槍メンゴ”の豪華タッグが全く新しい切り口で“芸能界”を描く衝撃作開幕!!
BLUE GIANT SUPREME

BLUE GIANT SUPREME

止まるわけにはいかない宮本大は、単身ヨーロッパに渡る。降り立ったのはドイツ・ミュンヘン。伝手も知人もなく、ドイツ語も知らず、テナーサックスと強い志があるだけだ。「世界一のジャズプレーヤーになる…!!」練習できる場を探すところから始まる挑戦。大の音は、欧州でも響くのか―――
娘の友達

娘の友達

家庭では「父親」として、会社では「係長」として、「理想的な自分」を演じるように生きてきた主人公・晃介。だが、娘の友達である美少女・古都との出会いにより、彼の人生は180度変化する。社会的には「決して抱いてはいけない感情」に支配されながらも、古都の前では自己を開放でき、社会の中で疲弊した心は癒やされていく……。「社会」のために「自己」を殺す現代社会へ鋭く切り込む、背徳のサスペンスが幕を開ける。
ジーンブライド(1)【電子限定特典付】
ジーンブライド(2)【電子限定特典付】
ジーンブライド(3)
ストアに行く
本棚に追加
本棚から外す
読みたい
積読
読んでる
読んだ
フォローする
メモを登録
メモ(非公開)
保存する
お気に入り度を登録
また読みたい
生きづらさを抱える主人公の前に「運命の相手」を名乗る男が現れる【最新話の感想・考察】にコメントする