🔔10月のマンバの配信は「1巻応援」
一番下のコメントへ

孤独死したひとの部屋を片付ける特殊清掃業をテーマにしたお話。
重たいテーマなおかつグロテスクな描写もあるけれど、ちょっとコミカルに淡々と描かれています。
淡々と描かれているからこそ、生と死はひと続きなんだなあと気づかされます。
今日生きてるけど明日死ぬかもしれない、そんなことを常日頃から考えているひとなんて滅多にいないのではないでしょうか。
この漫画に描かれているひと達もきっと同じだったんだろうなあ、孤独も事故も病気も死も非日常じゃないんだなあと感じました。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー