あと何回ペットロスになればいいですか?

あと何回ペットロスになればいいですか?

猫の数だけ幸せがあり、幸せの数だけ悲しみがある。ペットを飼う以上避けては通れない『死』という現実。多頭飼いをつづけ、過去30年間で10何匹も看取ってきた漫画界きっての猫好き・松苗あけみが描く猫終活エッセイ。21歳になる最長老ミユ太をはじめ個性豊かな猫たちと過ごす穏やかな日常をはじめ、松苗あけみ独自の解釈で語る猫論(?)など、切ないだけでなくさまざまな角度から楽しめる一冊です。
親の介護、はじまりました。

親の介護、はじまりました。

誰もが不安を抱える「親の介護」――。ふいな事故がきっかけで母親の脚が不自由になり、突然「不安」が「現実」になった時、すべて母任せで何もできない父と、遠く離れて暮らす子供たち、そんな家族に何ができるのか!? 『不妊治療、やめました。~ふたり暮らしを決めた日~』で、不妊治療を通して“夫婦の絆”を描き大きな反響をえた著者が、今度は右も左もわからず始まった母親の介護を通して、“家族の絆”と“夫婦のあり方”を描いた、大注目コミックエッセイ・上巻!!
うちのダンナは野菜バカ。

うちのダンナは野菜バカ。

「あなた、野菜と私、どっちが大事なのよ!?」 「それは…果物も含むのか? 国産か? 輸入モノか?」 青果を愛しすぎるがゆえ、言葉も行動もなんだかおかしなことに!? そんな青果市場で働くダンナとの日常を描いた、爆笑コミックエッセイ! 普段知ることのできない青果市場の仕事内容のほか、野菜や果物の豆知識など、お役立ち情報も満載です!
こどもエイティーズ

こどもエイティーズ

あの頃は良かった!?1980年代へタイムスリップ!!スプーン曲げ、ひげダンス……当時大流行したアイテムがてんこ盛り!!懐かしすぎる80年代の魅力がたっぷり詰まった、柘植文がつづる爆笑ノスタルジックコミックエッセイがついに登場!
ゆるガキあやちゃん

ゆるガキあやちゃん

日々、ゆんわり過ごす小学生あやちゃんと仲間たちの、80年代ゆるゆるメモリーズ!作者の子供時代を描いた、柘植ワールド全開の80年代キッズライフ。あの頃、「あやちゃん」だったアラフォー女子必読!!
突撃!自衛官妻

突撃!自衛官妻

自衛官の夫と苦労まみれの恋愛成就物語…のはずが、爆笑エッセイコミックに!全国の基地・駐屯地で話題沸騰!
ゲイの遅咲き狂い咲き

ゲイの遅咲き狂い咲き

ある日急に恋愛対象が男性に!? 30代での離婚後、男性とエッチする夢を見たことを機に男性に性的魅力を感じ、ゲイの道にどっぷりハマっていった作者の、リアルすぎる♂×♂恋愛遍歴日記
世界でヤろう!!おひとりホモ☆

世界でヤろう!!おひとりホモ☆

始まりはセンチメンタルジャーニー。ここではないどこかへ行きたくなった五十路直前ホモが旅に出た。それが、あれよあれよと世界をめぐり、食と男を堪能したり、足フェチの欲望を満たしたりする、過激な世界旅行になっちゃった。アメリカ・ギリシャ・イタリア・メキシコ・韓国で奮闘した、モテたいけどモテない中年のセキララすぎる旅行コミックエッセイ!
法術師・羽々桐鷹也の怪奇な事件簿

法術師・羽々桐鷹也の怪奇な事件簿

呪術をあつかう「法術師」のもとに寄せられた心霊やオカルトにまつわる奇妙な相談・お祓いの体験をコミカライズ! ・幸福を呼ぶ人形に込められた恐ろしい「念」 ・神様の名前を登録商標して金儲けをたくらむ新興宗教家にたたりが………などなど、さまざまなエピソードをご紹介いたします。
心霊物件に住んじゃった

心霊物件に住んじゃった

上京してひとり暮らしをはじめた作者が夜目覚めると、胸の上に女の子の幽霊が座っていた!? 不動産業者に聞くも、事故物件ではないという。しかし、次々と起こる不可思議な心霊現象の数々を体験し、ついには幽体離脱まで経験した作者は、オカルト好きの友人とともに、女の子の霊が「家に憑く」ようになった原因を探る!!
TOKYO中年駄ホモ生活

TOKYO中年駄ホモ生活

50歳近いホモが、金はなくても奮闘する、けっこうトホホ、だけど楽しい生きざまを1冊に! 恋人のいない、ひとり暮らしの中年ホモ、熊田プウ助。ダンスに祭りに習いごと、コスプレイベントにトークイベントなど、どん欲になんでもチャレンジ! エレガントだけど毒舌の母や、無愛想な飼い猫とやりとりも必見! ゲラゲラ笑えるコミックエッセイ!
GoGo!! おひとりホモ☆

GoGo!! おひとりホモ☆

恋愛しても長続きしない中年ホモ漫画家のひとり暮らしエッセイ! 話し相手が猫だけ、痛風だし頼れる恋人もいないひとり暮らしなのに、どうしてこんなに楽しそうなのか!? サウナ、ハッテン場、ゲイバーかあやしいフェティッシュなパーティまでゲイエピソードがノンストップ!
試し読み
ご勝手名人録 寄席を仰天させた12人の破天荒者たち

ご勝手名人録 寄席を仰天させた12人の破天荒者たち

ネタのほとんどが下ネタ&放送禁止の落語家、観客のリクエストを切り絵で完ぺきに表現する紙切り師、元公家の女房になった後輩女流落語家、大富豪から日本一客の入らない演芸場の席亭になった男…… 相次いで逝去したふたりの師匠たち(雷門小福、立川談志)の思い出話も交えつつ、落語家兼漫画家の雷門獅篭が寄席で見てきた「すごいヤツら」を語るコミックエッセイ! ※紙の書籍に収録されている『SCENE:5 紙切り師 大東両 PART.2』は収録しておりません。ご了承ください。
本日もおひとりホモ。 中年マンガ家生活

本日もおひとりホモ。 中年マンガ家生活

オッサンホモのリアルな生活が、こんなにオモロイなんて!!結婚しない、子供もいない……熊田プウ助44歳。飼い猫と都内でひっそり暮らす独身ホモ漫画家。そんな作者が等身大の日常を描く!性別を超えた笑いを誘う、哀愁の駄ホモエッセイ!!
【モラル崩壊】酒で人生終わりました。~チャールズ後藤編~

【モラル崩壊】酒で人生終わりました。~チャールズ後藤編~

全員が酔った忘年会で全裸ボウリング大会が開催!? 飲み会メンバーを次つぎに襲ってイかせるセクハラ女! 道路で寝るといい張る泥酔男が目を覚ましたのは留置所!! 街中を走りながらストリップショーを披露する酔っぱらい女! ハゲた客の髪をむしって大爆笑するキャバ嬢!? 酔った勢いで60代のおばあちゃんとホテルイン!? 酔いがさめるまで号泣しながら3時間もカボチャに話しかけつづける女! etc. みんなが目撃・体験した酒のやらかし話を、投稿4コマの鉄人・チャールズ後藤が描く!!
【モラル崩壊】酒で人生終わりました。~すみれいこ編~

【モラル崩壊】酒で人生終わりました。~すみれいこ編~

酔うと彼氏のチ●コをもみつづける女! 店のオーナーの頭を叩きながら説教をくりだす酔っぱらいバイト! ラブホテルで酔っぱらってトイレと間違えて玄関をオシッコまみれに!! お通夜で酔っぱらった義父がご遺体と一緒にツーショット!? 酔った眠さに勝てずコンビニのトイレで5時間爆睡!! etc. みんなが目撃・体験した酒のやらかし話を、投稿4コマの宣教師・すみれいこが描く!!
【モラル崩壊】酒で人生終わりました。~鈴木ぺんた編~

【モラル崩壊】酒で人生終わりました。~鈴木ぺんた編~

泥酔して某人気テーマパークのパレ―ドに乱入!! 酔ってフルチン姿でカラオケを歌っている姿を友人が録画!! 全裸でチ●コにリボンをつけられた客がキャバクラの前に爆睡! 面倒なダンナとのセックスを酔ったフリして回避! ゲロを吐くトイレを探して全裸でホテルを駆けまわる女! 酔った友人が「彼氏」といって連れてきたのはKーネル・サンダースのマネキン!? etc. みんなが目撃・体験した酒のやらかし話を、投稿4コマ職人・鈴木ぺんたが描く!!
バセドウ病が原因でした。おまけに強迫性障害も!

バセドウ病が原因でした。おまけに強迫性障害も!

1,000人に約1人が発症する身近な病気「バセドウ病」。自覚症状がなく30歳手前で病気が発覚し、職場で差別を受けたり、家族間での理解の違いに悩んだり、病院をたらいまわしにされるといった著者の闘病生活を描いたコミックエッセイ! バセドウ病の治療法や妊娠・出産との関係など、甲状腺疾患の専門医による解説コラムつき。さらに「加害恐怖」「不潔恐怖」「被害恐怖」「異物混入恐怖」などといった、「こんなことおかしい!」と思っているのにやめられない、強迫性障害とのちょっと笑える(!?)日々を描いたコミックエッセイも収録!
【心霊&絶叫】身近にひそむ恐怖体験~小谷梓編~

【心霊&絶叫】身近にひそむ恐怖体験~小谷梓編~

撮れた心霊写真をおもしろ半分に保存した友人が体調を崩して入院!! 息子をジャングルジムから突き落としたのは姿の見えない遊び相手!? 2階の部屋からひらひらとコチラを誘う手が! きれいな花が咲く学校の花壇は猫の死体を埋めた場所!? 事故で死んだストーカー男が幽霊になって女の首を絞める!! 事故が多発する交差点のガードレールに並ぶ死者の生首!! etc. あなたの近くでも起きるかもしれない心霊&恐怖体験を、投稿4コマ職人・小谷梓が描く!!
【心霊&絶叫】身近にひそむ恐怖体験~たかの宗美編~

【心霊&絶叫】身近にひそむ恐怖体験~たかの宗美編~

宙に浮かんでいた人魂が隣で寝ている友人のくちにIN!? 交差点で地面から生えた手が空へ飛んでいった!? ひとり暮らしの男の家で鏡に映る子供の姿が! 自動車のナビに案内されて着いたのは葬儀場!? 一緒に寝る妹の顔にぽっかりと穴が開いた!? 窓の外からコチラをのそき見る血だらけの女! 入院中でいるはずのない母の姿が家の中に!! etc. みんなが遭遇した日常にひそむ恐怖体験談を、投稿4コマの宣教師・たかの宗美が描く!!
三つ子産んだら死にかけました。

三つ子産んだら死にかけました。

1980年代後半、東北に住む主婦せい子は異常に重いつわりに苦しんでいた。3カ月も原因がわからず大学病院を受診すると、なんと三つ子が宿っていたことが判明した。一瞬の安堵もつかの間、告げられたのは、三つ子出産がハイリスクであること、そして中絶の検討だった――。家族の反対、シロッカー手術など体の準備、切迫早産の危機、分娩後の大量出血など壮絶な出産体験から、家族&家政婦総出の子育て、泣きやまない三つ子たち&睡眠不足による体調崩壊、緊急入院など育児でのトラブルまで、想定を超える過酷な状況が次々とせい子に襲いかかる!! せい子が産んだ三つ子の長女である著者が、多胎妊娠&育児の現実をユーモラスに描く!