icon_reread
また読みたい
フォロー
不浄を拭うひと(1)
山田正人、39歳。彼が脱サラしてはじめたのは、孤独死などの変死体があった屋内外などの原状回復をサポートする「特殊清掃」の仕事だった。彼は、さまざまな状態で死を迎えた人びとの「生活の跡」を消しながら、故人の生前のくらしに思いをはせる……。電子書店で大人気の話題作、待望のコミックス第1巻!
不浄を拭うひと(2)
キレイになった部屋の数だけ物語がある――。孤独死、自殺、ゴミ屋敷……さまざまな「ゴミ」や「死の跡」を消す特殊清掃の仕事を描く電子書籍の大ヒット作、待望の第2巻!