百姓からなる一撃必殺隊物語、完結

一番下のコメントへ

松本次郎松本次郎作品はどれも好きだが割とどれもぶっ飛んでいてたまについていけなくなる時があった。

でも本作はそんなことなかった、原作付きだからかもしれないけど。
そして、めっちゃいい最後だった。これはネタバレにならないはず。。

最後までちゃんと読んでよかった。
個人的には謎のままのところがちょっとあるけど、分かる人には分かったのかもしれない。

百姓が侍に憧れ、侍がお上を護り、お上が時代を変えていく。
その変化の煽りをモロに受けるのは一番遠い百姓たちなんだということ。
百姓が憧れた侍は、しっかり侍なやつもいたし、みんな平等に人間なので同様に切れば死ぬということ。

色々なことを考える作品でもありました。あといっぱい血が出るよ!
一番好きなキャラは伊牟田です!

松本次郎先生の女子は可愛いのだが本作はほぼ出てこないからそういう意味では期待しないほうがいいぞ!

追記:謎だったところ、7巻のキャラ紹介に書いてあったので謎じゃなかったです!よく見ようね!

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー