時代よりも熱い絵

一番下のコメントへ

似顔絵を描いていた少年が絵を描きながら成長し、やがて父親と対峙する。ひたすら絵を追求しているだけなのに(だけだからこそ?)、行く先々でなぜか「おもしれー女」に好かれるのが羨ましい。作中で描かれる絵がいいのと、絵画バトルが能力バトルみたいになっていくのが面白い。ちょっとメディアアートっぽいかも知れない。

時代もあるとは思うが美術に対する考え方、絵の競い方や評価、物語の構成などは『北の土竜北の土竜』『蒼き炎蒼き炎』とも近く、改めて『ブルーピリオドブルーピリオド』は美術マンガをアップデートしたなという感じがある。

しかしちょっと前にネットで話題になった芸大建築科を懲戒退学になった人とかバンクシーとかに世間がコロッと騙されちゃうのを見てると、この辺あんまり理解されていない気がする。

芸術は大衆に開かれていて欲しいと思っているが、この作品の新サロン派みたいに芸術を大衆から取り上げなければならない…と思ってしまうね(自分も排除される側かも知れないけど、それでも貴族的アカデミズムの方がまし)。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー