銀行員時代から漫画家デビューまでの自伝的作品

一番下のコメントへ

矢口高雄矢口高雄先生が銀行員からキャリアをスタートして漫画家になった話は有名だが、どのような仕事をしていたかはこの作品を読むとよく分かる。タイトルになっている「9で割れ」というのは、桁の間違いを判別するためによく使われていたのだそうで、今でも役に立つ知識だ。

コンピュータの導入、テレビの普及など、時代が変わりゆく中で生まれては消えていったものが描かれていて、人間の営みに対する作者の一貫した態度というか美学に触れたように思う。どうやっても釣り漫画になってしまうのも愛おしい。個人的には下宿先のおじいさんとその兄が重要文化財レベルの美術品をコレクションしていた話がすごく好き。

ペンネームの由来や釣りキチ三平釣りキチ三平の由来など、「そういうことだったのか!」というエピソードも入っているし、水木しげる水木しげるの仕事場を見学して池上遼一池上遼一つげ義春つげ義春と出会う話など、歴史的な資料としても重要な作品になっている。

働きながら何かをなそうとする人は元気づけられるんじゃないかな。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー