本宮ひろ志が伊能忠敬を描く新連載がグラジャンでスタート!

一番下のコメントへ

第1話は九十九里の貧乏漁師の息子として生まれた三治郎(伊能忠敬)の子供時代からスタート。12歳になり、村のお坊さんから教わることのなくなった三治郎は若者たち若者たちが集まって学問を学ぶ寺へ通うことに。

冒頭の見開きカラーで描かれる九十九里の海が綺麗でした。
まだ1話は地図作りのちの字も出て来ませんでしたが、早速「俺は生きるんじゃない! 生きていくんだ!」という名言が登場。

今から全国を巡るのを楽しみにしています。

【公式サイト】

江戸の世に生まれ、全国を遍く歩きつくした男・伊能忠敬(いのうただたか)!! 『大日本沿海輿地全図』で国土の正確な姿を明らかにした彼を、本宮ひろ志が熱筆する!!

伊能家の婿になった忠敬は、夜空を眺めながら父のようにはならないと、「金と立場」を手に入れることを決意する。

いいシーンだなーと思ってたらいきなり妻襲いはじめて草

グランドジャンプÑo.8Ño.9お休みこのまま終わりにしないで欲しいです。

グランドジャンプÑo.8Ño.9お休みこのまま終わりにしないで欲しいです。

@名無し

このままだと堤防工事して終わりだからな
せめて測量してほしいわ

あの女中が後妻になるのかな
名前出てこねぇなとおもったら

「妻・ミチが死去してから間もなく、忠敬は内縁で2人目の妻を迎えた。この妻については詳しいことは分かっておらず、名前も定かではない」

らしい。(Wikipediaより)

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー
icon_book
1巻を試し読み