ネタ化されているが、正統派な少年漫画だった

一番下のコメントへ

ネット上で一部ネタ化されているが、自分自身思春期にリアルリアルタイムで読んでいたこともあって思い出深い作品でもある。

・・・思い出深いというか、色んな意味で衝撃的な作品だったというほうが正しいかも。
電子化されていることにたまげて、懐かしさに思わず読んでしまった。

読んだ感想なのですが・・・あれ?意外とまともな少年漫画じゃん、ということ。
昔、感じた衝撃とは別に、通して読むと至極真っ当な感じをうけました。というか、ちょっと面白いぞとすら思った。

本作は当時、週刊少年ジャンプ週刊少年ジャンプで連載されていて1巻完結ということは「お察しください」の類なのは周知だと思いますが、内容もその感じで、超展開が凄まじいのです。

特に7話→8話。
なんの前置きもなく数年後の世界へといざなわれ、謎のヒロインがさも当然のようにいたり(そう、いるのです。登場シーンも紹介もなく「いる」のです。知らないこっちが悪いみたいな勢い。)世界線が変わった感じで、読んでいて混乱をきたすでしょう。
初見なら特に。
二回目の自分ですら、やばかったです。

当時、これを雑誌連載で追っていたので、

あれー1号飛ばしたかな?

みたいな感覚におちいって、前号を読みなおし、

・・・やっぱ、これ続話だ!?

の突き抜けた衝撃はハンパなかったのです。

友人とこの衝撃を共有したメモリーが色鮮やかによみがえりましたよ。
懐かしい。

この突如現れたヒロインについては、作品内で作者から補足があり、20年越しに真実を知れて、それもまた感慨深かったです。
(単行本欲しかったのですが、田舎では品薄で手に入らなかったので。)

さて、内容なんですが、端的にいうとレース漫画です。
レーシング能力に才能ある主人公が、日本で最高峰だった赤城選手に触発されてF1を目指していく王道の少年漫画。

ただ、上述のように、超展開につぐ超展開で、努力・友情的なものはざっくり削除され、勝利だけが残って、あっさりF1選手になって終了します。(これがタイトルとともに、ネタ化されているわけですが、通して読むと・・・そこまで違和感がないか?と思います)

いわゆる、ルフィに代表される週刊少年ジャンプジャンプの主人公っぽい描写は、個人的に嫌いじゃないんですけどね。
竹を割ったような性格で、仲間思いで、勝つことよりも、競技自体を純粋に楽しむ姿勢とか。

また、最終話の最後、謎のノスタルジーがあって(思い出補正とも)、このキャラたちがどうなっていったのかなぁとか、描かれなった行間に思いを馳せてしまいました。

余談ですが、同著者は「NUMBER10NUMBER10」という作品で、本作同様に宇宙の法則が乱れたような展開で、光の速さで終了しましたが、ソムリエールソムリエールで長期連載しております。
何が起きるかわからないものです。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー