一番下のコメントへ

作中のだめはずっと同じ花柄の風呂敷を使ってるんですね。最近全巻読み直して気づきました。

レジ袋有料化でマイバッグを使う機会が増えているので、のだめを見習って風呂敷を上手く使ってみたいです。

もしこの他にも使ってるシーンがあればぜひ教えてください!

▽15巻 Lesson88「ピザをのせる大きなお皿」

黒木くんがターニャの伴奏でマルレのオーディションを受けるお話。この「のだめカレー事件」がターニャが激ヤセするきっかけになりました。もやしもんとのコラボ回でもあります。

▽16巻 Lesson89「ヤキトリオのマルレ合格祝いに持ってく荷物」

ヤキトリオのポールが「バソンを残す会」としてマルレのオーディションを受けた回。2人が合格したので伴奏のターニャもお祝いに誘ったけどまだ寝込んでいる…。

▽22巻 Lesson129「逃避行するのだめが羽織っている」

ミルヒーとの初めてのリサイタルを終えたあと、「あんなのもう……弾けないデス」と抜け殻になってしまったロンドンから逃走するのだめは風呂敷をスカーフのように肩に羽織っている。

▽22巻 Lesson130「カイロのホテルでチェックインするときに持っている荷物」

昔の泥棒みたいに荷物を背負っている。ロンドンを飛び出したときは小さいハンドバッグだけだったから、その他必要な荷物と一緒に包んでいるのかも。

▽23巻 Lesson131「ブリュッセルに持ってきた荷物」

エジプトから飛行機でミラノへ行き、TGVでパリにくるはずが寝過ごしてベルギーまで来てしまったのだめ。終電がなくなったので、ホテルの物置に泊めてもらい、昼の残りの残りのサンドイッチを食べるが…。

そしてここでなんと、今までワンピースのうえに着ていた大きめのシャツが千秋のものと判明…! のだめのくせに綺麗に畳んでるところが健気ですね。

▽25巻 AKT: 8「千秋へのお昼ごはんの差し入れ」

魔笛の練習中、千秋に差し入れを持って来たのだめは、俊彦の3000円あげるという言葉に釣られてハルヒのコスプレで登場。この格好でターニャを日本のお祭り(コミックフェスタ)に連れて行ったもよう。

お昼を渡したあとは、やはりスカーフのように羽織って帰っていった。

▽25巻 AKT: 7「母・ヨーコが持ってきた色紙」

のだめの風呂敷使いのセンスは母・ヨーコ譲りらしく、「祝☆NODAME日本デビュー」のパーティーにてのだめに大量の色紙を包んで持ってきてサインを書かせている。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー