ネタバレ
幽白〜レベルE時代の冨樫義博について

一番下のコメントへ

発売してすぐ買って読んだものを久々に再読。コテコテのエッセイ漫画らしすぎる始まり方はいつ読んでも笑ってしまいます。

当時24歳だった先生は、アシスタントのミスを寛容に許したり丁寧に技術指導していて素直にすごい。

レベルEレベルEを描くにあたり、「オムニバスはだめ(※週刊少年ジャンプジャンプは決まった主人公が必要)」というのが、担当交代時の引き継ぎミスで冨樫先生に伝わっていなかったという話を、この先生白書先生白書で知りました。
気になって文庫版レベルE上巻のあとがきを読んだら相当物騒なこと書いてますね…担当者もよくこれ載せたなというレベル。

「オムニバスNG」を聞かされても、アシスタントの目には穏やかに映っていた冨樫先生…実はやっぱり腹に据えかねていたんですね。

発売してすぐ買...

コメントする
reread
また読みたい
フォロー