一番下のコメントへ

2013年に描かれた作品ということで、絵柄はいまよりも拙いのが印象的。一方で、表情の描き方だったり独特のセリフだったり、今に通じる部分も見られるのが面白い。

特に特に犯人の要求に「ああ、やっぱり藤本タツキだなあ」と思わされました。藤本先生は思春期の生々しさを描くのが本当に上手い!

先生の「人は常識の中で生きているから、それがその人の本当でも他の人は常識とからべちゃうんだよ」というセリフがすごく好きです。

後半の佐々木くんと少し不思議な先生の会話が、とにかくエモくて最高。
このエモさは、アニメ映画「時をかける少女」の後半、停止した世界の中で、千昭と真琴が未来の話をしているときの感覚にすごく似ているなと思いました。
日常の中に、自分の常識を遥かに超える世界が潜んでいる感じがたまりません。

8月15日までネットで読めるのでぜひ。

【作品情報】
藤本タツキが2013年7月に第5回クラウン新人漫画賞審査員特別賞を受賞した読切。2016年6月に少年ジャンプ+に掲載された。(『チェンソーマン』3巻発売記念!日刊 藤本タツキより)
https://shonenjumpplus.com/episode/10834108156673860152

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー