ウルトラセブンの実放送期間である1967年にコミカライズされた作品は一峰大二氏と桑田二郎氏の兄弟弟子によるものがそれぞれ刊行されています。
しかしテレビ放送の各話のタイトルは同一ながらも内容はかなりオリジナルなのがこの時期“ぼくら”等に連載されていたウルトラシリーズの特徴です。
この桑田次郎氏版も登場する宇宙人も劇中に忠実なものがあれば、完全オリジナルなものもあるので、最初から念頭に置いておかないと違和感を感じます。
実際に少年時代に読んだ時でも独特の絵のタッチとキャラクターデザインの違いに違和感を覚えたものですが、これはこれでありと割りきって読むのがベストでしょう。
最終回も「K団地の怪」で完全オリジナル作品でパンドンはでてきません。(特撮版のウルトラセブン最終回タイトルは史上最大の作戦・前後編)
物語は第3巻の13話まで残る3話は読み切り回が収録されています。
読み切りにアイアンロックス(戦艦モチーフ)の怪獣が起用されたのも1960年代ならでは。
近未来と1960年代の世相が混在しており、文化社会背景的観点でも楽しめる作品です。

昭和40年代前半ならではオリジナルコミカライズ!!にコメントする
『ウルトラセブン』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミをもっとみる