ネタバレ
「これしかない」ものがある人に読んでほしい #読切応援

一番下のコメントへ

だがしかしだがしかし』は基本的にはコメディマンガです。ココノツくんとトウくんのしょうもないやり取りにケラケラ笑って、ほたるさんやサヤ師のかわいさに頬を緩ませる。そんなカラッとしたマンガの中で異質な「湿度」を持っているのが尾張ハジメハジメというキャラクターです。

ハジメさんは「空っぽ」な状態でシカダ駄菓子にやってきます。本編中でもその理由は謎めいていました。さまざまな技能やすぐれた才覚を持っていながら、彼女の姿はどこか空虚に映ります。
本作には彼女が「これしかない」と思っていたものを失い、空っぽになってしまう過程が、残酷でありながらも愛あふれる形で描かれています。

作者のコトヤマコトヤマ先生は『だがしなど』のなかで、ハジメさんについて「描きやすくて一番手癖が強いキャラクター」だと語っていました。ぶっちゃけ本編読んでる頃から「せやろな」という感じなのですが、本作読後はそのことばにもなんだかズンとくるものが加わります。
そんなこともあって個人的な印象ですが、ココノツくん達とは少しベクトルの違う思いがハジメさんには込められている気がします。本作の最後に用意された一幕は、コトヤマ先生からハジメさんへの粋なプレゼントだったのだと思います。
作者に愛されているキャラクターの姿を見れるというのは何よりも幸せなことですね。

長々と書いてしまいましたけど、とにかくハジメさんファンで読んでない人が万が一居るのであれば一刻も早く『だがしなど』を買って!!!という気持ちです。きっともっとハジメさんのことが好きになるから…。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー
icon_book
1巻を試し読み