斜陽の国が舞台の巧妙なストーリー、そして「動く」マンガ

一番下のコメントへ

東独にいた東独にいた」は、解体前夜の東ドイツで発生するテロをめぐる群像劇です。ヤンマガサードで連載しています。

主人公アナベルは軍人です。彼女は小さな本屋の店主、ユキロウに想いを寄せており、足繁く本屋に通う乙女な一面がある一方で、軍人として、テロリストを束ねる反政府組織との壮絶な戦いに身を置いています。
しかし、彼女はもちろんこのことを知りませんが、ユキロウこそ、実はその反政府組織の総指揮官なのです。

本作が描くのは、そんな2人の捻れた関係です。
アナベルは、軍人である自らの所業を肯定するために、斜陽の祖国を愛そうとする。
ユキロウは、祖国を愛するがゆえに、自らの信念に従って、斜陽の祖国を断罪する。
だから、アナベルは、愛国心を裏に秘めたユキロウたちに一種の憐憫を覚えてしまうし、ユキロウは、自らを肯定したい気持ちを裏に秘めたアナベルに、不思議な共感を抱いてしまうのです。
しかし、アナベルとユキロウは、もう引き返せないほどに、互いに相容れない立場に捉われてしまっている。
そんな先の見えない2人の行方に、いつのまにか目が離せなくなっていくのです。

また、本作の魅力は、こうした巧妙なストーリーだけではありません。
もはや「マンガであること」をやめかけていると言っていい独特な表現技法も、本作を語るに欠かせない特徴の一つです。

まず、本作のコマ割りは、非常に「動画性」を意識しているように思われます。何コマも連続して、同じカメラ視点から同じキャラの動きを描く場面が頻繁にあり、パラパラマンガのようにキャラが動いて見えるのです。
また、そのコマ毎のキャラの動きを大きくすることで、瞬間移動のような速さを表現するとか、逆にコマ毎のキャラの動きを極端に小さくして、その間に心の中でのセリフを大量に入れることで、そのキャラの思考の速さ、スローモーション動画のような感覚を覚えさせる、といった表現が多くとられています。

そうした表現に、これまた本作に特徴的な絵の簡素な雰囲気や、白黒を基調とした陰影に溢れた色遣いが重なってくる。
そんな本作を読んでいると、まるで往年の白黒映画を鑑賞しているかのような、静止画である「マンガ」ではおよそ体験しえないはずの不思議な感覚に捉われていくのです!この表現体験、一度は皆さんに味わっていただきたいです!

内容、表現、ともに一級品の作品です。
2019年末に1巻が出たばかりと、すぐに追いつけます。ぜひ、手にお取りください!!

私もこれは間違いなく傑作だと思います。できるだけたくさんの人に読んでほしい。しかし同時に文章にして人に伝えるのには非常に難しさを感じて正直「誰か書いてくれないかな…」と思ってました。汗
なのでこうしてしっかりこの漫画の魅力をまとめてくださって助かりました!ありがとうございます:clap::clap:

コメントする
04/30(金)まで
読める!
icon_reread
また読みたい
フォロー