「朝ごはん」という名の最後の審判

一番下のコメントへ

「ワンナイト・ラブ」というテーマがあります。恋人でない男女が一夜限りの関係を持つ。一夜限りであるがゆえに激しくて、はかない。だからドラマが生まれるのです。

本作は、そんな男女の特別な夜ではなく、その翌朝に2人がともにする朝ごはんを描く短編集です。

夜って不思議な時間です。世界が暗がりに沈むと、人は社会的動物であることから解放されます。大いに食べる、大いに飲む、大いに遊ぶ… 自分の本能に従って生きることを許されるのです。
そして、男女が2人になったら… 夜は時にその暗がりに紛れて、2人の背中を様々な形で、半ば強引に押してくれます。ずっと言えなかった想いを伝えることができたり、大切な人に救いの手を差し出す勇気を持てたり、はたまた体の関係を持ったり…

しかし、再び朝は来るのです。そして、2人が朝最初にともにする行為が、「朝ごはん」です。
朝ごはんを自分のために、あるいは他人にために作り、そして食べる姿。それは、暮らしをともにする人にしか普段は見せない、無防備で、かざらなくて、現実的で、そしてあたたかな生活感にあふれたものです。

そんな朝ごはんの食卓でそれぞれの一夜を振り返りながら、おいしいね、とか、眠いね、とか、とりとめのない会話を紡ぐ。
そんな時間の中で、日の光に強く照らされながら、2人は試されるのです。

わたしたちは、特別な一夜のおかげで少しの間だけつながれた、かりそめの関係なのか?
それとも、昼の世界をともに生きていける、かけがえのない関係なのか?

朝ごはんとは、ある特別な一夜を過ごしてしまった2人の関係を試す、神聖な最後の審判なのです。

卵雑炊、ハニートースト、コンビニの肉まん、梅干しのおにぎりおにぎり…本作の描く朝ごはんはほんとうにおいしそうで、あたたかで、リアルリアルで、彼ら彼女らの生活感にあふれています。

そんな朝ごはんが、2人の関係に先がないことを暴いてしまうなら、そのはかなさに想いを馳せる。
朝ごはんが2人の明るい未来を予感させるなら、お互いを見つけることができた2人を祝福する。

「朝ごはん」から人の関係の機微に心うばわれる、すばらしい作品です。
ぜひ、ご賞味あれ!

コメントする
reread
また読みたい
フォロー