なんとも悲しいループ #1巻応援

一番下のコメントへ

ループものって無条件で好きなんです。

同様に「はたらく魔王様」みたいな異世界からきた(逆に異世界にいく)的なストーリーも好きなんですが、
両者に共通するのは「別れの話」だと思っているんです。
なんやかやストーリーはありますが、結局は

ループものは、繰り返しの終わりを
異世界からきたものは、自分の世界にどうやって戻るかを

こんな感じで、最後に必ず別れを描く必要がある。

どんなに楽しいシーンでも、うっすら漂う終わりを予感させられて、物悲しくて好きなんです。

もちろんそうじゃない作品もありますが、そんな中で、本作「私の神様私の神様」は、久しぶりのアタリアタリでした。
ループものを上記のように感じている人がいたら是非おすすめしたい作品です。

その内容ですが、
かつて神様が人間の女性と恋をし、彼女の命を助けるため、人間の少年の姿のまま不老不死の呪いをかけられる。
命を助けられた女性は、同じ呪いを望み、記憶を残したまま、輪廻転生を繰り返し神様の前に何度もあらわれるという話。

かつての恋心を残したまま、ある時はネコで、ある時は鳥で、姿形は変われど、何度も神様の前に現れる。
しかも、そのことを伝えたら、呪いも終わってしまうため、何も言えずただそばにいる。
自分が恋人だということも、あれからずっと一緒にいたことも全て言えないのに、彼を一人にしたくないという一心で、ただ、ただそばにいる。

神様にしてみれば、なぜそばにいるかもわからない。

なんとも悲しい物語。もう、ドツボです。

恋人は現在は、人間の女性「かずさ」として生まれ変わったのですが、成長から老いへと変わる感覚が、神様との別れを予感させて、得も言われぬ不安感がたまりません。
思いが伝わらない焦燥感も悲壮感も、ループものの醍醐味です。

まだ1巻ですが、この後どう転ぶのか、どう別れを描くのか楽しみです。

コメントする
reread
また読みたい
フォロー