やっぱ「ものづくり」っていいっ!て思える作品

一番下のコメントへ

ゲームとか映画とかスタッフロールが流れるたびに、人が作っているんだなぁとか思っちゃうタイプなんです。
飛ばす人もいるけど、自分は、そこにドラマとか想像してしまうんですよねぇ。
スケールが大きいと何百人も関わって、その中には陽はあたらないけど細かい作業とか雑務とかやっている人もいるんだろうなぁとか考えると、感動もひとしおなんです。
みんなで作品を作っているんだと。まぁ、一種の羨望ですね。

さて、本作は、そんなスタッフ達にフォーカスフォーカスした作品で、なかでもゲーム会社のお話。
「好きなことを仕事にする」
一見順風満帆にみえますが、そこは現実。
クリエイターとよぶには程遠い、サラリーマンすぎる発想と要求。
〆切りに追われ、よりよいもののために残業を強いられ、やりがいの名の下、搾取される情熱。
どこも同じで、なんとも世知辛いです。

そんな感じで、情熱も枯れはじめた主人公飯島めぐみめぐみのところに、情熱満々の後輩南拓也が現れて、徐々に初心の気持ちを取り戻していく・・・そんなお話です。
冷静(リーマン的タスクタスク処理)と情熱(少しでも良いものを届けたいこだわり)の両側面で語られて、サラリーマンの自分には両方ともわかり、共感してしまうのです。
じゃれあいながらも、変に恋愛的方向にいかず、つかず離れずの二人の関係も、またいい。

働きたい人の需要と供給の関係か、エンタメ関連企業は「どブラック」なかおなかおりがしますが、なんだかんだで好きなものがあって、それに関われることはいいことなんだと痛感します。

やっぱものづくりっていいなぁと改めて思わせてくれる作品でした。

コメントする
reread
また読みたい
フォロー