🔔10月のマンバの配信は「1巻応援」
一番下のコメントへ

しょっぱなマーマイトをたっぷり塗ったパンを頬張る女の子…インパクト大の始まり方。

どんな国にもどんな荒んだ場所でもたったひとりで乗り込む勇敢なメガネの姉ちゃん・八田さんが主人公です。世界情勢とリンクした内容で、わからない用語は検索しながら読むと勉強になる。

元から頭の切れる八田さんだけど、足りない知識は現地調達。ミャンマー人のチンピラを家庭教師にしてしまう荒技には惚れます!クールでキュートなスーパーヒロインの新連載は期待大。

1/3ページ
<<
<
1/3ページ
>
>>

うんこ回だったな・・・バッタが出たから次はまさかG・・・と思ったけどそっちじゃなくてよかった(そうか?)

解決回読めると思ったらお休みか〜インドの次がどこになるのかもう楽しみになってる

解決回読めると思ったらお休みか〜インドの次がどこになるのかもう楽しみになってる

@名無し

次はアゼルバイジャンとアルメニアに飛んでほしいね

7月中旬、旧ソ連の一角で起きた小規模な軍事衝突に、アメリカ、EUなど世界が一斉に反応した。その背景を見ていくと、エネルギー資源を巡る各国のパワーゲームと思惑が浮かんでくる。実は日本も「遠い世界の話」と無関心ではいられないこの「コーカサ...

とくダネで紹介されたんですね、すごい

癖毛の敵っぽいひと久しぶりに出てきたな

癖毛の敵っぽいひと久しぶりに出てきたな

@名無し

お使いになるように仕組んだのがあの癖毛のひとかな?

完全ビーガン都市なんて突拍子なさすぎだろと思ったら意外と受け入れられててびっくり。確かにビーガンの人にしたら住みやすい町ってことになるもんな

ネイティブ・アメリカンて自分たちのことインディアンて呼ぶの?

ネイティブ・アメリカンて自分たちのことインディアンて呼ぶの?

@名無し

これ自分も気になったんだけど、現地でも呼称については歴史的な経緯や部族によってスタンスが分かれてるみたいです。こんな事情もあまり知らなかったな…
以下Wikipediaですが参考まで。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%B3#%E5%91%BC%E6%96%B9%E3%82%92%E3%82%81%E3%81%90%E3%82%8B%E5%95%8F%E9%A1%8C

https://en.wikipedia.org/wiki/Native_American_name_controversy

麻生太郎も読んでるんだな

総裁選の最中に飛び込んできた「ゴルゴ13」の作者さいとう・たかをさんの訃報。政界きっての「漫画好き」で知られる麻生太郎財務大臣が、「ゴルゴ13」を「あれだけインターナショナルな作品はなかった」と絶賛し、さいとうさんの死を悼んだ。3分余りの記者…

1/3ページ
<<
<
1/3ページ
>
>>
コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー