ふんそうでしたらはったまで
紛争でしたら八田まで 1巻
紛争でしたら八田まで 2巻
紛争でしたら八田まで 3巻
紛争でしたら八田まで(4)
紛争でしたら八田まで(5)
紛争でしたら八田まで 6巻
紛争でしたら八田まで 7巻
紛争でしたら八田まで 8巻
紛争でしたら八田まで 9巻
紛争でしたら八田まで 10巻
紛争でしたら八田まで 11巻
紛争でしたら八田まで 12巻
紛争でしたら八田まで 13巻
紛争でしたら八田まで 14巻
紛争でしたら八田まで 15巻
ストアに行く
本棚に追加
本棚から外す
読みたい
積読
読んでる
読んだ
フォローする
メモを登録
メモ(非公開)
保存する
お気に入り度を登録
また読みたい
この新連載はどうなるんだろう、とモーニングで様子を見ていたけど、もう面白いことが確定したので安心して楽しめる!! 八田さんが世界各地で小さく起きている民族間、言語、思想のすれ違いで巻き起こる問題を知性とちょっとした格闘で解決!解決したらまた次の現場へ急行し、その地域の言語や慣習、政治など多角的にみっちり叩き込んで問題へ挑んでいく。 世界中を交渉して回る解決屋! その仕事の名は、「地政学リスクコンサルタント」! もう、こんなの間違いなく面白いに決まってる! 『MASTERキートン』好きな人にはぜひオススメしたい。 キートンは考古学者兼保険屋だけど、元軍人で戦えるし、それぞれの土地に詳しい必要があったり争いの仲裁を行ったりもしていた気がする。 すっごくざっくり言うと、立場や職業こそ違えど八田さんも似たようなものだ。 実は『勇午』をちゃんと読めてないのでいつか読みたい。ふわっとしか知らないけど同ジャンルなのかな。 まず、タイトルにもある「紛争」。 何を持って紛争と呼ぶのか調べてみた。 『一般的に「紛争」とは、「少なくとも2つ以上の主体が、希少な 資源(富や権力など)を同時に獲得しようとして相争う社会状況」と定義される』 この漫画で最初に出てくる事例がとても分かりやすい。 イングランドとアイルランドが揉めるという内容。 まさに、2つの主体が争う状況なわけでそこで八田さんは華麗に解決するかと思いきやわりかし腕力でねじ伏せている。それもたまには必要だよね。 八田さんのネーミングって「切った張ったの世界」って言葉から来てたりするのかなって少し思った。 https://comic-days.com/episode/10834108156713454523 そして、2話から描かれる呼び出された土地はミャンマー。 「歴史・宗教・政治・経済・軍事・エトセトラエトセトラ」を一週間でビッチリ詰め込んで挑むが・・。 「ミャンマー企業紛争編」から「タンザニア魔女狩り騒乱編」へ。面白い~! 世界を少し移動すれば何かしらで揉めている。 具体的にも抽象的にも何かしらの境界線があれば揉めるのが人間だ。 八田さんの旅が終わることはあるのか?お金次第? 人や場所、環境が変われば揉める内容も変わるので一生楽しめる漫画になるんじゃないかとワクワクしている。 単純に、国際情勢へ興味を持つきっかけにもなるし! ありがたや~! 作者の過去の読切がこちら。 主人公のキャラクターが少し似てるかも? 『定時退社でライフルシュート』 https://comic-days.com/episode/10834108156637582721
吉川きっちょむ(芸人)
吉川きっちょむ(芸人)
『紛争でしたら八田まで』のクチコミ投稿
クチコミで好きなマンガを広めよう!
話題の種類
「マンガのクチコミってどうやって書けばいいの?」という方へ!選んだ話題の種類に応じて書き方のヒントになる例文を表示します。
クチコミのヒントを表示する
タイトル
本文
紛争でしたら八田まで
紛争でしたら八田まで
田素弘
田素弘
あらすじ
イギリスに本社がある企業に地政学リスクコンサルタントとして勤める八田百合。彼女の仕事は、地政学に基づいた知性と、ちょっとの荒技で世界中の事件を解決すること。そんな彼女に依頼を出してきたのは、ミャンマーにある日本の企業だった…。

Web掲載情報

紛争でしたら八田まで
紛争でしたら八田までの情報の提供お待ちしてます!
掲載している内容の誤りや、この作品に関するおすすめの記事、公式情報のリンクなどはこちらからお送りください。みなさまのご協力をお願い申し上げます。
紛争でしたら八田まで 1巻
イギリスに本社がある企業に地政学リスクコンサルタントとして勤める八田百合。彼女の仕事は、地政学に基づいた知性と、ちょっとの荒技で世界中の事件を解決すること。そんな彼女に依頼を出してきたのは、ミャンマーにある日本の企業だった…。
紛争でしたら八田まで 2巻
イギリスに本社がある企業に地政学リスクコンサルタントとして勤める八田百合。彼女の仕事は、地政学に基づいた知性と、ちょっとの荒技で世界中の事件を解決すること。タンザニアで窮地に追い込まれた彼女は、事件をどうやって解決するのか!? そして、イギリス、ウクライナからも彼女への依頼が! 世界に紛争がある限り、八田百合に休まる時間は…ない!
紛争でしたら八田まで 3巻
イギリスを軸に、フリーの地政学リスクコンサルタントとして世界中で働く八田百合。彼女の仕事は、地政学に基づいた知性と、ちょっとの荒技(主にプロレス技)で世界中の事件を解決すること。ウクライナで窮地に陥った彼女は、事件を解決できるのか!? そして、オクサナの真意とは…。さらに、八田百合の里帰り!? 山奥にて起きた不良抗争を地政学でズバッと解決!? 排泄物処理と高度IT技術がキー!? インド編が開始! 人がいて土地がある限り、事件は起きる。八田百合、混沌とした世界で躍動!!
紛争でしたら八田まで(4)
イギリスを軸に、フリーの地政学リスクコンサルタントとして世界中で働く八田百合。彼女の仕事は、地政学に基づいた知性と、ちょっとの荒技(主にプロレス技)で世界中の事件を解決すること。彼女への依頼は、インドにある三陸データという企業から。優秀な社員であるインド人・ディリップの資金状況がおかしいので、調べて解決してほしいとのこと。カースト制度、ダリット、インドのSNS、ガンジー、ゴドセ…。インドならではの問題を、百合は「虫」と「肥溜め」で解決!? さらにアイスランドで百合を待ち受けているのは…。『ゴルゴ13』のさいとう・たかを氏激賞の地政学活劇、第4巻!!
紛争でしたら八田まで(5)
イギリスを軸に、フリーの地政学リスクコンサルタントとして世界中で働く八田百合。彼女の仕事は、地政学に基づいた知性と、ちょっとの荒技(主にプロレス技)で世界中の事件を解決すること。アイスランドで過去と対峙。イギリスでの幼少時代、彼女の心に残ったものは…。そして、カイと名乗る青年の狙いとは…。世界を動かすアメリカ合衆国で曲者勢揃い! 百合はスイングステートを救えるか!? 世界が揺らぎ続ける限り、百合の仕事はなくならない! 『ゴルゴ13』のさいとう・たかを氏、社会学者の古市憲寿氏が激賞! 最新第5巻、3月23日(火)発売!!
紛争でしたら八田まで 6巻
イギリスを軸に、フリーの地政学リスクコンサルタントとして世界中で働く八田百合。彼女の仕事は、地政学に基づいた知性と、ちょっとの荒技(主にプロレス技)で世界中の事件を解決すること。ネイティブ・アメリカンの居留地に、百合の考えどおりのカジノ建設が開始した。しかし、百合の思惑とは違うことに。キーは「総選挙」!? イギリスでサッカー観戦をしていた百合に、監督の依頼! 「地政学」を使えば強いサッカーチームになれる!? そして、グローバル社会に翻弄された「島」で百合を待ち受ける事件とは。「ゴルゴ13」のさいとう・たかをさん、社会学者でコメンテーターの古市憲寿さん激賞! 世界を行った気分で楽しめる地政学活劇、第5巻!!
紛争でしたら八田まで 7巻
イギリスを軸に、フリーの地政学リスクコンサルタントとして世界中で働く八田百合。彼女の仕事は、地政学に基づいた知性と、ちょっとの荒技(主にプロレス技)で世界中の事件を解決すること。彼女はもう一つの母国であるシンガポールに向かった。仕事の依頼人は幼なじみのアイシャ。彼女は劇団所属の脚本家。ただ、彼女の脚本に問題があるようで、国から劇の中止命令がきたようで…。芸能人が移住したり、今、最も注目される経済&教育大国シンガポールが今度の舞台! 「明るい北朝鮮」で百合、どう解決する!? さらに、以前解決した不良抗争がまた勃発!? 「右翼左翼」「保守革新」がよくわかる新章も開始! 世界が見えると日常も見えてくる!!
紛争でしたら八田まで 8巻
イギリスに本社がある企業に地政学リスクコンサルタントとして勤める八田百合。彼女の仕事は、地政学に基づいた知性と、ちょっとの荒技で世界中の事件を解決すること。日本の山岳地帯で起きた妹・幸の友人・イツキを巻き込んだ不良抗争。百合はどのように解決する!? そして、彼女が思う「地政学」とは…。プロレス興行中に窃盗事件が発生! 犯人捜しのキーになるのは「宗教」!? 次に彼女が向かうのは近くて遠い国・大韓民国! 恋愛と製造。百合が導き出す幸せな形とは…。唯一無二の地政学活劇、こうご期待です!
紛争でしたら八田まで 9巻
イギリスを軸に、フリーの地政学リスクコンサルタントとして世界中で働く八田百合。彼女の仕事は、地政学に基づいた知性と、ちょっとの荒技(主にプロレス技)で世界中の事件を解決すること。彼女はマリ共和子国に向かった。元名サッカー選手でマリの英雄・バカリの政治活動を補佐するため。しかし彼は政治への興味がなかった。そのうえ彼を狙う人間がいて…。さらにマリを植民地にしていたフランスが登場。美食の街で百合、グルメを貪る!? 麻生太郎氏もご愛読の地政学活劇、第9巻です!
紛争でしたら八田まで 10巻
イギリスを軸に、フリーの地政学リスクコンサルタントとして世界中で働く八田百合。彼女の仕事は、地政学に基づいた知性と、ちょっとの荒技(主にプロレス技)で世界中の事件を解決すること。フランスのセレブ・エロディ。移民の青年・ユセフを救いたい彼女の想いにこたえるため、百合が提案した計画は…。次の舞台はイラン。経済制裁を受けている大国で、百合を待ち受けているのは、日本の企業とイランの企業の共同計画に関する問題! 世界の情勢が少しわかる地政学グルメアクション、第10巻です!!
紛争でしたら八田まで 11巻
イギリスを軸に、フリーの地政学リスクコンサルタントとして世界中で働く八田百合。彼女の仕事は、地政学に基づいた知性と、ちょっとの荒技(主にプロレス技)で世界中の事件を解決すること。世界イチ危険な国と言われたコロンビア。新たに生きる若者にゲリラと政権。混沌とした現状で百合は「村の闇」と対峙する…。NATOに加盟するとも言われる永世中立国・スイス。意外と軍事大国なこの地で百合に降りかかる事件とは…。麻生太郎氏もご愛読! 世界の情勢が何よりもわかる第11巻です!
紛争でしたら八田まで 12巻
イギリスを軸に、フリーの地政学リスクコンサルタントとして世界中で働く八田百合。彼女の仕事は、地政学に基づいた知性と、ちょっとの荒技(主にプロレス技)で世界中の事件を解決すること。NATOに加盟するとも言われる永世中立国・スイス。意外と軍事大国なこの地で百合に降りかかる事件とは…。さらに日本人は気にならざるを得ない台湾編も収録! 麻生太郎氏もご愛読! 世界の情勢が何よりもわかる第12巻です!
紛争でしたら八田まで 13巻
イギリスを軸に、フリーの地政学リスクコンサルタントとして世界中で働く八田百合。彼女の仕事は、地政学に基づいた知性と、ちょっとの荒技(主にプロレス技)で世界中の事件を解決すること。百合は同居人・アレックスの故郷・台湾で彼の祖父が求める人形を捜すことに。だが、人形のありかには謎があるようで…。さらにユートピア? ディストピア? 南アフリカの仮想空間で事件が起きる! キーは黒人と白人! 日本人は気にならざるを得ない台湾編や人種問題を収録! さらに広大な大地で広がる「お金のない空間」で事件が起こる!? 世界の情勢が楽しく気楽にわかる第13巻です!
紛争でしたら八田まで 14巻
イギリスを軸に、フリーの地政学リスクコンサルタントとして世界中で働く八田百合。彼女の仕事は、地政学に基づいた知性と、ちょっとの荒技(主にプロレス技)で世界中の事件を解決すること。広大な大地で広がる「お金のない空間」で事件が起こる!? 世界一の奇祭「バーニングマン」に潜入。アニメ事業に参入し、有名サッカー選手を集める。エンタメ界を牛耳る可能性がある石油資源大国・サウジアラビアで新たな計画を百合が導く! キーになるのは「推し」!? 世界の情勢が楽しく気楽にわかる第14巻です!
紛争でしたら八田まで 15巻
地政学に基づいたチセイと、ちょっとの荒技(主にプロレス技)で事件を解決する地政学リスクコンサルタントの八田百合。チームの不和に悩むイギリスのサッカー少年・キッドを救うため百合が調査を進めると、その原因に「パレスチナ問題」が絡むことが判明…!歴史に紐づく仲違いは、チセイをもっても簡単には解決できない。それでもキッドはチームのために、粘り強く泥臭く、全力で走る!ギリシャでは古美術商オーナーの中年男性の素行調査をすることに。過去の栄光にすがるかつての英雄が企てる「ギリシャ遺産」を巡る犯罪計画を止められるか!?インドネシアではパプア人女性を苦しめる「死者の呪い」の真相究明のため、世界最大の島国を東奔西走!!現代を生きる者として、知っておくべきことがある。最新の世界情勢を知るための手がかり満載第15巻!!
【過去ログ】きょうの新連載&読切まとめ
紛争でしたら八田まで」田素弘 《読切》「飼ってない猫(読切)」関口かんこ     【ヤングジャンプ】 《読切》「天子ちゃんの天界道具」中村力斗 《読切》「非常なる人」多田大我     【週刊少年チャンピオン】 《新連載》「築地最強寿司伝説 仁義理の海太郎」川端浩典     ◇◇◇2019年11月20日(水)◇◇◇ 【週刊少年サンデー】 《読切》「ストップウォッチメン」田辺狭介     ◇◇◇2019年11月19日(火)◇◇◇ 【漫画アクション】 《新連載》「空日屋」とりのなん子     【ウルトラジャンプ】 新連載「禍つ罠師の勇者狩り」わだぺん。 《読切》「ふたつの山の向こう側」結布 《読切》「兄たり難く弟たり難し」奥悠     ◇◇◇2019年11月18日(月)◇◇◇ 【ヤングマガジン】 《読切》「塩ラーメンをすすった日に」ずみ子 《読切》「通学生日記」藤田丞     ◇◇◇2019年11月14日(木)◇◇◇ 【ヤングジャンプ】 《読切》「イン・ザ・グラウンド」竜丸     【週刊少年チャンピオン】 《読切》「異国の姫のルプのソレ」松本豊 《読切》「親孝行ラッパー」サササニサトシ     ◇◇◇2019年11月13日(水)◇◇◇ 【少年マガジン】 《読切》「立華先輩のラブコメ教室」板倉滉     【MARVEL】×【少年ジャンプ+】SUPER COLLABORATION!! 《読切》「アントマン+」羽田豊隆     【その他】 《読切》「バットマン:キリングジョーク 完全版」 《読切》「山姫」紺野アキラ     ◇◇◇2019年11月12日(火)◇◇◇ 【イブニング】 《新連載》「激辛課長」前田悠 《読切》「抜刀」ザビエラー長谷川     【別冊少年チャンピオン】 《新連載》「クワトロバッテリー」高嶋栄充 《読切》「おめざめ天使」森田将文     【月刊コミックビーム】 《読切》「ディアボリク」丸尾末広 《読切》「よだかの星」宮沢賢治/二星まゆ     【ゲッサン】 《読切》「ホワイトクリスマス」桐島由紀 《読切》「少女上京逃避行」根尾ジウム     ◇◇◇2019年11月11日(月)◇◇◇ 【週刊少年ジャンプ】読切 《読切》「誓約の紅」かかずかず     【ヤングマガジン】 《読切》「タピオカミルクティーを飲んでみよう。」カレーとネコ     【ビッグコミックスピリッツ】 《新連載》「武士スタント逢坂くん!」ヨコヤマノブオ       ◇◇◇2019年11月8日(金)◇◇◇ 【ビッグコミックスペリオール】 《読切》「さよならも言えない」鍬形ゆり     【週刊漫画TIMES】 《新連載》「ブラック芸能事務所ですが何か?」usi 《読切》「夜凪さんのよなよな餃子」勘米良優助     ◇◇◇2019年11月7日(木)◇◇◇ 【ヤングジャンプ】 《新連載》「九龍ジェネリックロマンス」眉月じゅん 《読切》「人人 ヒトリ」山口貴     【週刊少年チャンピオン】 《新連載》「かいじゅうたん、現る」中村たつおき 《読切》「異世界セールスマン世渡さん」吉谷光平     【good!アフタヌーン】 《新連載》「能力 主人公補正」鬼頭莫宏/当麻 《読切》「ルナティック・パレス」安居 《読切》「TWO MEETS」伊丹来     ◇◇◇2019年11月5日(火)◇◇◇ 【漫画アクション】 《読切》「あいつは空色の車で」山田はまち     ◇◇◇2019年11月2日(土)◇◇◇ 【週刊少年ジャンプ】 《読切》「しろすぎ!アクノソシキ」畠山達也     ◇◇◇2019年11月1日(金)◇◇◇ 【漫画ゴラク】 《新連載》「モンキーピークーThe Rockー」志名坂高次/粂田晃宏
コロンビアの朝食、ボリュームがすごいな
アルセナーリナ駅大丈夫なんだろうか・・・
https://news.goo.ne.jp/ar...
マイクを掲げるアルセンがムジョルニア持ったソーみたいでかっこよかったです
イギリス国旗服似合ってるな

おすすめのマンガ

チェルノブイリの祈り

チェルノブイリの祈り

「戦争は女の顔をしていない」の著者で、ノーベル文学賞受賞者のスヴェトラーナ・アレクシエーヴィチが執筆した魂のノンフィクションが遂にコミカライズ!原発事故という、当時未曾有の惨事に遭遇した人々の悲痛な願いと静謐な祈りを書き留めた日本人必読のノンフィクション、待望の第1巻。
チェルノブイリ

チェルノブイリ

史上最悪と言われるチェルノブイリ原発事故の現場では、一体何があったのか? 1986年、旧ソ連におけるチェルノブイリ原発事故をテーマにした人間ドラマ。事故直後、原発で消火活動を行う消防士たちの様子、汚染におびえる周辺各国の反応、放射能障害の前になす術もなく苦しむ人々……。史実に基づいた描写が、原発事故の恐怖をリアルに伝える物語。福島の原発事故直後は、アマゾンで5万円の高値をつけた幻のコミック単行本を、電子書籍化した1冊。
アラベスク(完全版)

アラベスク(完全版)

現在のロシア連邦がソビエト連邦であった時代、キエフ・シエフチェンコバレエ学校6年生ノンナ・ペトロワは平凡な一生徒であったが、ある出会いで運命の扉が開きはじめた。バレリーナを目指すノンナの挑戦が始まる。完全再現された、数多くの貴重なカラー原稿と2色原稿を収録。バレエ漫画の名作の「完全版」!
ゴーマニズム宣言SPECIAL ウクライナ戦争論

ゴーマニズム宣言SPECIAL ウクライナ戦争論

帝国主義の時代に“逆回転”する世界――。日本は戦争の当事国となる覚悟はあるのか? ロシアによる侵略行為によって始まったウクライナ戦争は、すでに両国あわせて10万人を超える死者を出したという報道も出ている。 開戦当初こそ軍事大国・ロシアが圧倒的優位と見られていたが、戦況は一進一退の膠着状態が続いており停戦への道筋は一向に見えない。 9月の終わりには、ロシアのプーチン大統領が30万人規模の兵士を戦線に追加投入するため部分的動員礼を発令。銃を携えたロシア軍兵士の監視のもと行われた住民投票を根拠に、ウクライナ東部と南部4州のロシア編入を一方的に宣言するなど、ここにきてなりふり構わず戦争を継続させる姿勢を見せている。 なぜ、プーチンは苛烈な経済制裁を受け、国際社会から孤立してまで、侵略戦争という暴挙に出たのか? その答えは、ロシアとウクライナのナショナリズムの歴史に深くかかわっている。この先、プーチンが「ロシア劣勢」と判断したら、そのとき世界は核のリスクと真剣に向き合うことになるはずだ。そして、ウクライナがロシアに屈したら、次は強権国家・中国によって台湾が主戦場になるだろう。そうなれば、日本は戦争の当事国にならざるを得ない。いま、世界は大きな歴史の転換点に立たされており、日本人は覚悟を求められているのだ。 1990年代終わりに、国論を二分する大論争を巻き起こした90万部突破のベストセラー『戦争論』から25年――。「国家」とは何か? 「正義」とは何か? 漫画家・小林よしのりが「お花畑国家」・日本に再び警告する。序 章 終わりなき日常は来ない第1章 ウクライナ戦争と生命至上主義第2章 ロシアの悪を知らんのか? その1第3章 ロシアの悪を知らんのか? その2第4章 ウクライナ・ナショナリズムの歴史1第5章 ウクライナ・ナショナリズムの歴史2第6章 ウクライナ・ナショナリズムの歴史3第7章 戦時国際法を破壊するプーチン第8章 国際法無視は人類に対する攻撃第9章 免疫の軍事訓練は国防と同じ第10章 レイプ軍の伝統 その1第11章 レイプ軍の伝統 その2第12章 W徹の妄言第13章 ドンバス・ロシア支配のカオス最終章 占守島の戦い『ゴーマニズム宣言SPECIAL ウクライナ戦争論』目次より
試し読み
ウクライナのあかりちゃん

ウクライナのあかりちゃん

ウクライナに住む15歳の少女、あかりちゃんは日本のマンガとアニメが大好きな女の子。彼女の夢はいつか日本でマンガ家になること。そのために毎日マンガを描いていました。ウクライナの日常は変わってしまったけれど、マンガ家になる夢は変わらない。これはそんな少女の日常を描いたお話です。※本作の著者印税及び配信にあたっての諸経費を除いた売上金は、ウクライナへの支援金として寄付させていただきます。
白百合は朱に染まらない

白百合は朱に染まらない

第二次世界大戦版、ロミオとジュリエット!第二次世界大戦中、ソ連で実在した【全員、オンナ】の飛行連隊を元に描く青春歴史スペクタクル開戦!ウクライナの田舎町に住むロシア人少女・ナージャは、恋愛未満の幼馴染と空戦ごっこをしたり、マリーナ・ラスコーヴァに憧れる普通の女の子だった。――1941年6月22日バルバロッサ作戦によって家族と友達を失うまでは。大きな時代の渦の中、生き別れた幼馴染と擦れ違う‥‥。
創造者の罠

創造者の罠

メルトダウンしたチェルノブイリの炉心直下に「異変」が起きた。そこに送り込まれた各国の精鋭部隊が次々と消息を絶つ。事の真相を確認し、安全を保障するため、米軍と自衛隊の混成部隊が現地に派遣された。しかし彼らが、炉内に見たものは、建造物内に張り巡らされていた、謎の寄生生物だった!
プロフィールはありません
プロフィールはありません
プロフィールはありません
プロフィールはありません